NHK札幌放送局

もっと!おはよう北海道(39)【西阪太志】

西阪 太志

2019年12月17日(火)午後4時48分 更新

12月19日(木)「おはよう北海道」(総合テレビ 朝7時45分~)
北海道コンサドーレ札幌 福森晃斗選手 インタビュー 放送です! 

シーズンが終わっても、北海道コンサドーレ札幌が熱い!
鈴木武蔵選手と菅大輝選手。
日本代表が戦っている東アジア選手権で、2人とも日本代表初ゴールを決めました!
菅選手のゴールは、右足と左足の違いはありますが、Jリーグカップ決勝でのゴールと、同じような位置から。まさに「菅ゾーン」ですね。
さらに、来季コンサドーレに加入が内定している田中駿汰選手も日本代表デビューを果たしました!

さて、日本代表でも躍動するコンサドーレのアタッカー陣に、パスを供給しているのが、冒頭の写真・ディフェンダーの福森晃斗選手です。
19日(木)おはよう北海道では、今シーズン、チームで唯一 Jリーグの優秀選手にも選出された福森選手のインタビューをお届けします!

福森選手はディフェンダーですが、コンサドーレの攻撃には欠かせない選手です。
速く、正確に届くロングパスの弾道は、サイドチェンジやクロス、前線へのロングパスといった流れの中での攻撃に欠かせません。

ピンポイントでロングパスを前線に届けるその姿は、さながらアメリカンフットボールのクオーターバック!

それが出来ないと、試合に出てくる意味がないので」と事もなげに話す福森選手ですが。「あんなボールを蹴ってみたい」と思うサッカー少年も多いはず。
実は今シーズン、子供のころどんな練習をしていたか聞いたことがあったので、
その時の取材メモをここに掲載します^^

(取材日:5月2日 ヴィッセル神戸戦に向けた取材)

Q:子供にキックのアドバイスをするとしたら?

福森選手:大人になれば筋力がついてキックは飛ぶので。小さいころに正しいキックのフォームを固めること。
変な癖がついてしまうと真っすぐ蹴れるはずが蹴れなくなってしまうので。
子供たちは試合をやりたいという気持ちばかりだと思いますけど、それだと楽しいんですけど技術は身についてこないので。
まずはインサイドキック1つにしても、インステップキック1つにしても、正しいフォームで蹴れることを目指したほうがいいと思います。
自分はまず「真っすぐ」蹴ることにこだわって練習していました。
真っすぐ」蹴ることが出来れば、色んな所に蹴れるようになります。
体の向きを変えて、しっかり蹴りたい方向に軸足を向けさえすれば蹴れるようになるので。
自分はずっとそうやって練習してきましたね。
Q:プロになっても「真っすぐ蹴る」にはこだわりが?

福森選手:こだわりしかないですね。インサイドキック1つにしても力任せではなく芝を滑るようなボールを蹴ることを意識しているし、インステップキックにしても子供の頃から変わらない蹴り方で蹴っているので。
ひたすら蹴る積み重ねだと思いますよ。
フリーキックも小さいころから蹴らせてもらっていたので、その積み重ねだと思います。

今年の福森選手は正確無比な左足のキックで、フリーキックから公式戦年間4ゴール、さらにアシストもリーグ3位の8アシストを記録しました。
そんな「キックの達人」が語る「今シーズンのベストアシスト」とは??

19日(木)おはよう北海道ぜひご覧ください!!


(2019年12月17日)


関連情報

ブラボーサッカーへの道!【西阪太志】

西阪 太志

2019年5月10日(金)午後5時03分 更新

きみはレバンガ強化計画を見たか【西阪太志】

西阪 太志

2019年10月7日(月)午前11時27分 更新

サッカー見たい!!NHK【西阪太志】

西阪 太志

2019年6月6日(木)午前11時30分 更新

上に戻る