NHK札幌放送局

寒さだけじゃない!魅力いっぱい陸別町

江連 すみれ

2022年10月6日(木)午後2時28分 更新

9月3日のおはよう北海道土曜プラス ぶらりみてある記、9月6日のひるナマ北海道では、十勝の陸別町をご紹介しました

冬はマイナス30度を下回ることも珍しくない陸別町。1日の平均気温や最低気温の平均などのデータをもとに、町が日本一の寒さをうたっています。冬はニュースでもよく紹介されていますが、まだ涼しいこの時期にも、魅力がいっぱいなんです!

本物の鉄道を運転体験!

陸別町を走っていた「ふるさと銀河線」は16年前に役目を終え、廃止に。ですが、その2年後に、地元の方の手によって観光鉄道としてよみがえりました。元プロの方の指導のもと、全国でも珍しく、本物の鉄道の運転体験ができるんです。

操作は加速とブレーキだけ。繊細な操作が求められます。

私も運転を体験!自分の手で重たい車両を動かしていると思うと、緊張で終始手に力が入ってしまいました。初心者の私には、窓からの景色を楽しむほどの余裕はありませんでしたが、窓から入ってきた風が心地よかったです。
最後は停止位置めがけて、ブレーキをかけると…

停止位置でぴったりと止めることができました!
この鉄道、廃止後も変わらず走り続けている陰には、支えている人たちの存在があります。

狭間和浩さん。建設会社で働くかたわら、ボランティアとして保線などを行っています。子どもの時から乗り続けていた鉄道。当時のように走れるように、月2回ほど、手入れをしています。
作業に欠かせない大事な道具も見せていただきました。今では手に入らない貴重なものも…!

写真右はエンジンです。昔の道具を使いながら、鉄道を守り続けているんです。

狭間さんは、「鉄道によって町ができて、人がどんどん集まってきて今日に至るということで、長い歴史の中でここがあるということを、ずっと忘れないでいてほしいなというのが私の願いです。」と話していました。


ハーブ類を町の新たな特産品に!

陸別の秋。ちょっと意外な名物もあるんです。

日向優さんは、紫やオレンジ、ピンクなど、色とりどりのハーブ類およそ20種類を育てています。

陸別の涼しい気候が栽培に合っているそうで、町の新たな特産品にと、収穫したものをハーブティにしています。今回はカモミールやペパーミントなど、5種類をブレンドしてもらいました。(写真左)カモミールのリンゴのような香りがふわっと香ってきて、ほんのりと甘く、飲んだ後はスッキリとした味わいでした。

もう一種類、今度は自分でブレンドさせてもらいました。(写真右)日向さんにアドバイスをいただき、オウギ、紅花、レモンバームを合わせてみました。こちらは豆のような香ばしい香り。番茶に似たほっとする味わいで、こちらは食事にも合いそうだなと感じました。
日向さんは、「小さい町だからこそ、こうやっていろいろな活動が少しずつは認知されてきているのかなとは思います。まだまだこれからなんですけど、ぜひ今後も続けていきたいなと思っています。」と話していました。


巨大天体望遠鏡で星空を満喫

日が暮れてからも、陸別には思わず見とれる楽しみがあるんです。町の中心部から15分ほどの小高い丘にある天文台にやって来ました。中島克仁さんに案内してもらうと…

目の前に、巨大な天体望遠鏡が!国内有数の大きさの反射望遠鏡だそうです。早速のぞいてみると…わし座のアルタイル(七夕の彦星)や、こと座のベガ(織姫)を見ることができました。

さらに、スマートフォンで撮影もできるんです。私が撮影したのがこの土星!
輪もしっかり見えますね。

天気が良ければ、はるかかなたの星雲もこの通り。

 中島さんは、「陸別は本当に星がきれいで、こんなに大きな望遠鏡もあって、全国でも、ほかにはなかなかないすばらしい土地ですので、ぜひたくさんの方に星を見ていただきたいと思います。」と話していました。

秋を迎える寒さの町、陸別。冬に負けない魅力がいっぱいでした(^▽^)/

【ぶらりみてある記】最近の記事はこちら
▶“意外”が一杯!秋の壮瞥町
▶そばの町 幌加内町
▶南幌町 子どもの笑顔あふれる町
江連キャスターの最近の記事はこちら
▶道東の花火大会🎆コロナ禍だからこそ、いろいろな形で楽しもう!
▶【3分センコンSHOW】✧道東で蛍を見よう✧
▶NHK帯広放送局ホームページ
▶NHK釧路放送局ホームページ


関連情報

チーズの魅力伝える 世界3位の”フロマジェ”

江連 すみれ

2022年5月18日(水)午後2時16分 更新

地域を応援!母親たちの八百屋さん

江連 すみれ

2021年10月6日(水)午前11時51分 更新

春うらら にぎわう農業の町~音更町~

江連 すみれ

2022年5月17日(火)午後0時11分 更新

上に戻る