NHK札幌放送局

もっと!おはよう北海道(48)【工藤恵里奈】

工藤 恵里奈

2020年4月16日(木)午後2時45分 更新

マスク不足が続いていますね。今は、繰り返し洗って使える布マスクを使っているという方も多いのではないでしょうか。けさの放送では、その正しい使い方や洗い方について、専門家にお聞きしました。ポイントをご紹介します。

まずは、付け方。鼻からあごまで隠れて隙間ができないものを選ぶことはもちろん、四つ折りにしたティッシュをマスクの中に入れると、予防の効果を高められるそうです。

さらに、外した後も大切です。内側を触らないように折りたたんで、ティッシュでくるむと、後からウイルスが付着するのを防げます。

また、意外と知られていないのでは?と思うのが、その洗い方。洗剤は、「界面活性剤」が入った物を選ぶのがポイント。界面活性剤には抗ウイルス作用があり、ウイルスを除去することができます。

さらに効果を高めたい時に有効なのが、台所用の漂白剤などに含まれる「次亜塩素酸ナトリウム」。0.05%の濃度に薄めて、10分間漬け込んだ後、しっかり水洗いをします。

ちなみに・・・

最初の布マスクの写真は私の母の手作りなのですが、実は、使い捨てマスクのヒモの部分を切って、消毒して、リサイクルして作っています(こうして瓶に保管しています)。今はなかなか、マスクを作る布やヒモも手に入りにくい状況だと思います。なんとか感染を広げないように、対策していきましょうね。

布マスクの作り方については、「ガーゼで簡単手作りマスク」や、「簡易マスクの作り方」など、他の記事でもご紹介していますので、ぜひご覧ください!


(2020年4月16日)

NHK北海道が発信するマスクコンテンツはこちらです


関連情報

たっぷり!土プラ(81)【工藤 恵里奈】

工藤 恵里奈

2019年2月8日(金)午後0時01分 更新

たっぷり!土プラ(73)【工藤 恵里奈】

工藤 恵里奈

2018年11月30日(金)午後2時00分 更新

たっぷり!土プラ(57)【工藤恵里奈】

工藤 恵里奈

2018年7月6日(金)午後0時00分 更新

上に戻る