NHK札幌放送局

ネット動画で迫る水産卸売の世界【毎熊千遥】

毎熊 千遥

2020年6月24日(水)午後2時35分 更新

こんにちは。ほっとニュース北海道・キャスターの毎熊千遥です。 私にとって今回初めてのアナブロでお伝えするのは札幌の台所・札幌市中央卸売市場から。ここで新しい世界に挑んでいる2人の「ユーチューバー」をご紹介します! 

ユニークな動画を発信して私たちを楽しませてくれるユーチューバーですが、その中には一見あまり目立たないような仕事を深掘りして、そこで働く人たちの魅力を伝えようと奮闘している人たちがいます。それが今回ご紹介する道内出身の「ペタ」さん(写真右)と「マロ」さん(写真左)です。
2人は今まではちょっとしたイタズラを友達と楽しんだり、街歩きで出会った人たちを紹介したりする動画を投稿していました。ところがふとしたことがきっかけで、縁もゆかりもない水産卸売の業界に飛び込むことになったんです。

「ペタ」さんと「マロ」さんは中央卸売市場の中にある老舗の会社で去年9月からインターンに参加していますが、職場には専用のデスクがあって、名刺も与えられています。
その2人のミッションはこの業界に“新しい風”を吹き込むこと。ユーチューバーとして培ってきた編集技術をフル活用して、水産業界の魅力や会社で働く人の素顔を伝える斬新な動画を次々とアップしています。

若者たちにダイレクトに届く動画が功を奏したのか、会社が開いた学生向けの企業説明会に参加した人は去年の2倍以上に増えたそうです。いったいどんな動画が若者の心をつかんだのか、あす25日(木)午後6時10分からの「ほっとニュース北海道」で詳しくお伝えする予定です。ぜひご覧ください。

それでは、また(*^^)v

                       (2020年6月24日)

上に戻る