NHK札幌放送局

ぶらりみてある記

北海道の7つの放送局のリポーターたちが 地域を歩いてJIMOTOの魅力を発見します

ぶらりみてある記 「はじける幸せ口いっぱい! 鹿部のたらこ」

ぶらりみてある記

2020年3月30日(月)午前10時37分 更新

 旅の舞台は噴火湾近海に面し漁業が盛んな鹿部町です。鹿部町といえば特産品の“たらこ”が有名。町では毎年11月頃から1月にかけて原料のスケソウダラ漁と、たらこの加工が最盛期を迎えます。そんな町の道の駅では、たらこを一本まるまるご飯にのせたぜいたくな定食が人気!特にこの時期は、着色料を使用せず、塩だけで味付けした“無着色たらこ”なので、たらこ本来の味が楽しめると観光客からも人気です!さらに町の食堂ではちょっと変わったご当地グルメ「たらこ天丼」などが提供されています。そんな“たらこの町”では、新たな挑戦をしている人たちもいるんです。たらこを干した“干したらこ”という新商品。まだ開発中のものですが、年々たらこの加工量が減る中、今まで加工できなかった「規格外品」のものを利用できないかと、地元の加工会社が“軽石干し“という独自の製法を使って挑戦しています。番組では鹿部町で、美味しいたらこと、たらこに情熱をかける人たちを紹介します。

もっと見る

ぶらりみてある記

2020年3月30日(月)午前10時37分 更新

ぶらりみてある記 「流氷シーズン到来 冬の見どころ満載!~斜里町ウトロ~」

ぶらりみてある記

2020年2月25日(火)午前11時30分 更新

今回の舞台は流氷シーズン真っただ中の斜里町ウトロ。
海岸では、重機が接岸した流氷をすくう「陸揚げ」が行われていました。
流氷をより間近で見てもらおうと、道の駅やホテルの前に展示していて、 遠くは名古屋にも送っているんです。
知床ならではの、絶景スポットもあります。
森を抜けると、高さ100メートルほどの絶壁から流氷と、 冬の間、凍り付いて青く見える「フレペの滝」を見ることができます。
さらにこの時期は毎晩、「知床流氷フェス」が開かれています。
会場には37個のアイスドームが建ち並び、地元の名物グルメ「チェプまん」も味わえます。中には特産の鮭を使った「ちゃんちゃん焼き」が入っていて、体も温まる一品です。
一日中、氷の世界が広がる、冬のウトロを満喫してきました。

もっと見る

ぶらりみてある記

2020年2月25日(火)午前11時30分 更新

1 / 4 ページ
上に戻る