NHK札幌放送局

ローカルフレンズニュース#8 むかわ町

菅野愛

2021年5月14日(金)午後1時31分 更新

「ほっとニュース北海道」で毎週金曜日にお伝えしている「ローカルフレンズニュース」。道内各地の地域おこしや情報発信に取り組んでいる“フレンズ”の皆さんに、今オススメしたいニュースや話題を伝えていただきます。

今回は4月放送の第2回に続いて、伊達市の僧侶“おっくん”こと奥田正弘さんです。

前回のローカルフレンズニュースは石川キャスターのブログでどうぞ!
ローカルフレンズニュース#2伊達市

今回おっくんが紹介してくれるのは、同じ胆振管内のむかわ町にあるお寺「法城寺」の話題です。法城寺には大きな鐘のあるお堂があり、毎日朝と夕方、町内に温かな音色を響かせています
冒頭の写真はこの春撮影した様子です。桜と鐘楼堂の組み合わせ、なんだか心が落ち着きます。
この鐘楼堂、とてもきれいでピカピカなことにお気づきですか?実は昨年末に再建されたものなんです。

法城寺は2018年の胆振東部地震で大きな被害を受けました。

地震後、おっくんも片付けなどのボランティアに行きましたが、被害を目の当たりにして言葉が出なかったと言います。

未曽有の災害に遭った中で、法城寺の住職、舛田那由他さんはすぐに地域にお寺を開放しました。

全道各地のお寺や檀家さんから次々と送られた支援物資を地域の人たちに配ったそうです。

さらに心の支援として、休校中の子どもたちのために託児サービスも始め、広間でみんなが一緒に遊んで日常を取り戻せるように計らいました。
そして、あの壊れてしまった鐘楼堂は、クラウドファンディングや檀家さんのおかげで去年12月に再建されました。
おっくんは

「住職のあの時の“地震に負けないぞ”という思いが詰まったお堂で、いろんな感情がこみ上げてきました」

と話していました。

胆振東部地震をきっかけに、法城寺では町と防災協定を結んだり、今後は子ども食堂を開いたりと、より地域に根ざした場所になることを目指しているそうです。地域にあるお寺だからこそできる取り組みがこれからどんな絆を紡いでいくのか、今後の展開にも注目ですね。

この内容はきょう5/28(金)の「ほっとニュース北海道」で放送予定です。今後も地元を深く知るフレンズならではの視点と、各地で生まれる新たな話題や魅力にぜひご期待ください。

※このフレンズニュースは当初、5月14日の放送予定でしたが、緊急事態宣言関連ニュースのため28日に変更しました。

ローカルフレンズニュース、滞在記の情報はこちらから


関連情報

10月16日(金)のJIMOTO自慢は芽室町!

菅野愛

2020年10月14日(水)午後4時46分 更新

ローカルフレンズニュース#14 斜里町

菅野愛

2021年7月9日(金)午前11時49分 更新

ローカルフレンズニュース#28 清里町

菅野愛

2022年1月14日(金)午前11時10分 更新

上に戻る