NHK札幌放送局

第5回 毛ガニとトウモロコシのクリームコロッケ #おうちでごちそう北海道

番組スタッフ

2020年8月3日(月)午前10時00分 更新

今回の食材は、コロナの影響がなければ、物産展でも大人気の毛ガニ。冷凍されたものは、もう一度加熱するとうまみを凝縮できます。北海道らしく、トウモロコシの器を使った、ちょっと変わったカニクリームコロッケを作ります。

取り寄せた食材

■冷凍ゆで毛ガニ

新型コロナウイルスの影響で取引先のご注文が減り、本来、飲食店や北海道物産展などで販売させていただいてる商品が冷凍在庫となってしまっている状態。
毛ガニの足は、もちろんそのまま食べても美味しいし、カニ汁や、カニ飯、カニクリームコロッケなどの具材にすることもできます。
”ご自宅にて美味しいカニ!”をしていただける方がいらっしゃいますと、当店も助かります。

材料(2人分)

冷凍ゆで毛ガニ 300g
トウモロコシ 2本
タマネギ 1個
バター(タマネギ炒め用) 少々

〈A〉ホワイトソース
無塩バター 30g
強力粉 30g
牛乳 300cc

〈B〉揚げ衣
強力粉 適量
卵 3個
生パン粉 300g

作り方

① 解凍した毛ガニの殻をむいてほぐす

② トウモロコシを塩水(水1ℓに対し塩18g)でゆでる。先に皮を入れて、ダシをとるように2~3分ゆで、次に実を入れて5分ほどゆでる。ゆであがったトウモロコシには熱々のままラップをかけ、冷ます。

③ 〈A〉のホワイトソースを作る。鍋でバターを溶かし、強力粉を入れて、焦がさないように弱火でじっくり炒める。

④ 粉臭さがなくなってきたら、牛乳を加え、混ぜながら加熱。沸騰して1~2分で火からおろし、膜が張らないようにラップをかけて置いておく。

⑤ 別の鍋でバターを溶かし、タマネギを弱火で10分程度炒める。炒め始めるときに塩を少々ふると甘みが増すのでお勧め。
あめ色に透き通ってきたら①を加え、水気を飛ばすように、さらに炒める

⑥ 水分がなくなってきたら、④を加え、さらに加熱。最後に塩コショウで味を調えたらカニクリームが完成。

⑦ ②のトウモロコシを輪切りにして、中をくりぬく。くりぬきにはお菓子の型抜きを使うのがオススメ。

⑧ ラップの上に⑦を置き、⑥を詰める。天地の部分は、残りのトウモロコシの粒でフタをしてラップでくるみ、冷蔵庫(急ぐときは冷凍庫)で冷やす。

⑨ ⑧に、強力粉、卵、生パン粉をつけ、180℃の油で2分ほど揚げる。1分ほど油を切ったら完成。

今回の鼻歌ナレーション

調理のバックで流れる音楽は、歌う旅人・松田美緒さんが即興で作ったメロディーと歌詞です。今回は、フランス料理の藤谷シェフのイメージにあわせ、フランス語の歌詞がたくさん出てきます。その意味が分かれば、きっとさらに深く番組をお楽しみいただけますよ。

【毛ガニの紹介~レシピ紹介のシーン】
Cette mer abonde en délices (この海は宝の海)

【シェフがカニクリームの味見をするシーン】
Oui, Ça va bien!(うん、いい調子だね!)

【コロッケを揚げるシーン】
J'ai faim(お腹すいたよ)

【クリームコロッケができあがったシーン】
Cette mer abonde en délices (この海は宝の海)

動画はこちら


おうちでごちそう北海道 web

関連情報

もうすぐ真夏の文芸館 あと4日

番組スタッフ

2020年8月13日(木)午前9時58分 更新

「君に見せたい縄文がある」 青森 七戸町編

番組スタッフ

2021年8月18日(水)午後3時59分 更新

掘削に求められる「神業」

番組スタッフ

2021年3月29日(月)午後5時08分 更新

上に戻る