NHK札幌放送局

稚内大谷 利尻島出身の4番打者 日本最北の私立高校で見た熱い思い

道北チャンネル

2023年2月6日(月)午前11時14分 更新

センバツ高校野球の出場校が発表された1月27日。日本最北の私立高校、稚内大谷高校は、21世紀枠での出場校には選ばれず、春夏通じて初めての甲子園出場はなりませんでした。落選直後、インタビューに応じてくれたのは、利尻島出身の4番打者・菅原秀人選手。目を涙で潤ませながら、正直な気持ちを語る彼から感じたのは、夢の舞台への熱い思いでした。

菅原秀人選手
「置かれた環境を言い訳にしない。稚内の冬は氷点下で、路面が凍ってしまう。そこで考えたのが、ポットを持って外に出て、お湯で氷を溶かして素振りをする自主トレです」

初めて話をしたときの菅原選手の言葉が強烈に印象に残っています。海からの風が強く、氷点下を下回る冷え込みが続く冬に、いかに強くなるか。稚内では、1年間のうち6か月はグラウンドでの練習ができません。1日500スイングの練習を終え、学生寮に帰宅したあとも、菅原選手が続けていた、この練習。実は、野球部の本間敬三監督も知りませんでした。地元の利尻島の高校には野球部がなく、中学校まで生まれ育った大好きな島を離れてでも、甲子園に出たいと親元を離れて稚内大谷高校に進学した菅原選手。なんとか強くなりたい…。自分なりに悩み抜いて考えた練習法でした。

高校球児の夢の舞台、甲子園。ここで選手たちが繰り広げてきた幾多の「ドラマ」は、多くの人たちを勇気づけてきました。今回、稚内大谷高校の甲子園出場はなりませんでしたが、寒さの厳しい稚内で、工夫を重ねながら練習を続ける菅原選手が、私の取材で語ってくれた「ドラマ」は、同じ稚内に住んで取材を続ける私を、勇気づけるには、十分なものでした。「環境を言い訳にしない」「もう1回、夏に向けて頑張る」こう語ってくれた、彼の新たな「ドラマ」が、今から楽しみでなりません。

👇詳しくは、こちらの記事で!
稚内大谷 甲子園への挑戦は夏へ センバツ高校野球 21世紀枠では夢に届かず | NHK北海道

取材 稚内支局 山川信彰

NHK旭川では、道北オホーツク地方に関連する番組のご紹介はもちろん、道北オホーツクの廃線になった鉄道を振り返る「懐かしの鉄路」、自治体の広報担当者が自ら撮影した地域の旬の話題「ふるさと自慢」、地域でがんばる事業者を応援するプロジェクト「コロナに負けない」、プロバレーボールチーム・ヴォレアス北海道の選手たちの素顔に迫る「推しヴォレ」、家族で楽しめるさまざまなスポットを紹介する「キッズとおでかけ」、地域の課題の解決に向けたヒントを探る「地域の課題」などのコンテンツを発信しています。
すべて気になるかたは「道北チャンネル」のバナーから


関連情報

工藤恵里奈キャスター プロフィール

道北チャンネル

2023年4月3日(月)午前9時35分 更新

あさイチ いまオシLIVE!「北海道・猿払村 肉厚濃厚!絶…

道北チャンネル

2023年6月14日(水)午後5時40分 更新

Wild Hokkaido!「シーソラプチ川カヌー下り」 …

道北チャンネル

2022年8月26日(金)午前9時49分 更新

上に戻る