ページの本文へ

NHK北海道WEB

  1. NHK北海道
  2. NHK北海道WEB
  3. 札幌局視聴者リレーショングループ
  4. 第2回リポートアカデミアを開催

第2回リポートアカデミアを開催

  • 2023年1月25日

動画制作体験を通じて “調べる・まとめる・伝える”ことを総合的に学んでもらう「リポートアカデミア」。冬休み期間の2023年1月13日(金)にNHK札幌放送局で2回目となるイベントを開催しました。

1回目の夏休みイベントの様子はこちら

イベントには札幌市内の小学5、6年生10名が参加し、NHK札幌放送局内の見学をした後、5グループに分かれて見学した場所を紹介する動画を制作しました。
誰でも撮影、編集、発信ができるということを実感してもらうと同時に、だれでもできるからこそ気を付けなければならいことを学ぶ機会とするために、制作は市販されているタブレット端末を使用し実施しました。

講師は前回に続き札幌国際大学の安井政樹准教授。
参加者のほとんどは初対面です。緊張した様子でしたが、局内の見学を終えた頃には“お友達”に。

局内見学でカメラ体験コーナーの説明を聞く参加者
この他、記者やカメラ、映像編集者が揃う“ニュースフロア”、平日夕方放送の「ほっとニュース北海道」の“スタジオ”やNHKが届ける放送電波を管理する“運行室”、万が一の時の電源である“自家発電機”を見学しました。

その後、参加者は見学した5つの場所を分担し、紹介動画を制作するための取材と撮影に挑戦します。

 

見学した時に気になったことを追加で質問

教えてもらったことはメモに残します

撮影では伝えたいことをどのような映像で表現するのかを考え、アップやルーズなどの撮影手法を実践しました。
また、撮影は市販のタブレットのため、手振れ補正などの機能はありません。手振れをしないように気を付ける姿も印象的でした。

撮影後は編集です。
編集がはじめての参加者がほとんどでしたが、試行錯誤を繰り返すうちにどんどん編集方法や編集ソフトの使い方をマスターしていきます。
素材の並び替えや不要部分のカットといった基本的なことから、テキストやBGMの追加など、グループで協力し、みるみるうちに動画が編集されていきました。

完成した動画はグループごとに発表。
見学、取材、撮影、編集を限られた時間の中で実施しなくてはならないため、とても大変だったと思います。
しかし、完成した動画はどれも完成度が高く、発表会に参加したNHK職員も驚きを隠せませんでした。

参加者からは実施後のアンケートで

「編集の方法が分かり、またふだんどういうふうにテレビになっているか分かった」
「現在の社会の学習とむすびついてとても楽しかった」

という嬉しい感想をお寄せいただき、見学していた保護者の方からも

「普通見ることのできない場所を見学させていただき感謝です。メディアとの向き合い方を考えさせられました。」
「人見知りなので最初は心配でしたが、どんどん笑顔がふえて楽しそうにしていてよかったです」

という感想をお寄せいただきました。子どもたちだけではなく、その様子を見学してくだった保護者の方にもお楽しみいただけたのだと、私たちも嬉しく思いました。

講師を務めていただいた札幌国際大学の安井准教授は

「リポートアカデミアイベントは、今回が2回目でした。
1回目のイベントよりも、さらに子どもたちのオリジナリティーが発揮された素晴らしい動画を制作していました。これは、1回目のイベントの動画を見本として視聴したことが影響していると思います。
つまり、「こういう動画を作るといいんだな」というゴールイメージを明確にしながら見通しをもって取り組めたということです。このように、他者と学ぶことを積み重ねることでより学びは深まっていきます。
こうした地域の子どもたちの学びの積み重ねをNHK札幌放送局が生み出していることに大きな意義を感じます。
編集作業では、テロップを入れたり、BGMや効果音を付けたりしながら、相手を意識して取り組む子どもたちの姿を見ることができました。スキルや技術は、相手を幸せにするために使うことが大切です。見る人にとって新たな発見があったり、笑顔になったりする動画づくりを意識する経験につながったと思います。
SNSなどは、使い方によっては人を傷つけます。
だから使わないということではなく、よりよい使い方とは何か。
みんなに伝えたらよいことってなにかな。
そういうことも学べたのではないかと思います。
スマホの普及などで、いつでもだれでも動画を撮影し発信できる時代が来ています。
地域があたたかくなる発信。みんながうれしくなる動画。
北海道にそういうあたたかい目をもった子ども記者が育っていくと、私たちに子ども目線の幸せが届く日がもうすぐ来るのかもしれません。
NHKがもっている知見をいかし、未来を担う子どもたちに必要な情報活用能力を育てるこうした取り組みは、公共性という観点からも、とても大きな意味をもっています。これからも、こうした取り組みが継続されることを願っています。」

と2回目のリポートアカデミアを振り返りました。

今後もNHK札幌放送局では、子どもたちの学びに寄与できることを検討し、このような取り組みにチャレンジしていきたいと考えております。

ページトップに戻る