NHK札幌放送局

広がる忘年会自粛 飲食店は #ナットクとかち

十勝チャンネル

2020年12月9日(水)午後1時57分 更新

ナットク!とかちch「新型コロナウイルス」をテーマに十勝の皆さんの疑問や困りごとにこたえるコンテンツを目指しています。 前回、お伝えした忘年会に関する番組のアンケート調査では、十勝でも多くの企業が「忘年会を行わない」と回答し、自粛が広がっている実態が明らかになりました。師走を迎えた飲食店は、厳しい状況に追い込まれています。

忘年会予約“ゼロ”に

12月4日の夜、記者が帯広市内の居酒屋を訪れました。この日は、金曜日の夜でしたが、店内に客の姿は見当たりません。かき入れ時の師走、この店でも例年は多くの忘年会が開かれていますが、ことしの予約は年末までゼロ。売り上げは去年と比べ9割以上落ち込んでいます。

居酒屋「北の栖」高橋洋介さん
「すべてキャンセルという感じです。やはり勤務先から『年末年始の集まりを控えてくれ』と言われてしまったのでという声を聞くのが多いですね」

withコロナ対策は

客足が落ち込む中、店ではさまざまな対策に取り組んでいます。まず、訪れるすべての客は入り口で検温します。

そして客は少人数のグループであっても個室に案内。密を避けるため座席の数も4割ほど減らして、隣の人との間を広くとっています。

さらに対策は料理にも。宴会ではこれまで、数人分をまとめて大皿や大鍋で出していましたが、小皿や小さな鍋に1人分ずつ分けて出すように変更しました。これまでよりも準備や後片付けに手間がかかるということですが、感染リスクを減らすためです。

先行き見通せず

このお店では、このほかにも消毒の徹底など、できる限りの対策をとっていますが、客足は戻らず、先の見えない状況が続いています。

居酒屋「北の栖」高橋洋介さん
「本当にできることはすべて、対策をしているんですけど、やはり世間の状況が、お客様を遠ざけているのかなと。一番稼ぎ時といいますか、この時期の売り上げで、いろんなものを賄っている面がありますので、大変厳しい状況が続いています」

年末年始の会食注意点は

これからの年末年始、忘年会だけでなく、家族や親戚で集まって食事という機会も増えるかもしれません。改めて注意点をまとめました。

【飲食】
▽少人数で、なるべく普段一緒にいる人と楽しみましょう。
▽5人以上の飲食では大声になって飛まつが飛びやすくなります。

【飲酒】
▽飲酒の際は気分が高揚して大きな声になりがちです。
 深酒、はしご酒は控え、短時間で、適度な酒量で楽しみましょう。

【飲食時の工夫】
また、次のような工夫もリスクを下げるとされています。
▽回し飲みや箸などの共有を避けること。
▽席の配置は、ほかの人の正面や真横をなるべく避けて、斜め向かいにすること。
▽食べたり飲んだりする時以外はなるべくマスクを着用すること。

特に会食の際には感染対策に注意が必要です。


取材した佐藤恭孝記者は
取材は金曜日の夜でしたが、帯広市の繁華街は閑散としていて、とても師走の週末とは思えませんでした。タクシーの運転手さんたちから「帯広は新型コロナの発生が増えると、さっと人がいなくなる」とよく聞きます。そのこと自体は、感染防止に対する意識が高いという点で、賞賛すべきことかもしれません。しかし、今回のように、飲食店の方たちの現状を聞くと、少人数でいいから飲みにいってあげてほしいと、矛盾したことを感じてしまいます。
感染防止と経済の両立、言うのは簡単ですが、至難の業です。世間のムードが、振り子のように動く中で、医療現場や飲食店といった現場の人たちは翻弄されています。白か黒、どちらが正しいという問題ではないだけに、当面はその綱渡りを続けていくしかないのでしょう。この状況で、私たちにできることは何なのか?翻弄される人たちの声を届けることが1つ。ほかには?自問自答しています。

2020年12月9日

ナットク!とかちchへの投稿はこちらから

私 困ってます 新型コロナウイルス まとめページ


関連情報

大型連休 感染を防ぐために #ナットクとかち

十勝チャンネル

2020年4月30日(木)午後2時51分 更新

3か月ぶりだよ『十勝の話題と音楽』

十勝チャンネル

2021年9月21日(火)午前11時54分 更新

十勝のPCR検査 現状と展望は #ナットクとかち

十勝チャンネル

2020年5月13日(水)午後2時06分 更新

上に戻る