NHK札幌放送局

【未公開映像①】クレーン出動!走る原動力 石炭を補給します!

NHK釧路放送局

2021年2月5日(金)午後4時26分 更新

JR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」。1/22「ほっとニュース北海道」ではお伝えできなかった未公開映像を交えて、石炭の補給についてご紹介します。

SLには、大量の石炭が必要になります。動いていない間も常に石炭を燃やし続ける必要があり、車庫にいる間はこの袋の中にある石炭を補給します。重さは1袋でなんと250キロ!

クレーン出動!走る準備万全です!

運行前にも石炭を補給します。SL冬の湿原号の場合、釧路駅と標茶駅との往復96.2キロメートルで使用する石炭は約1.5トン。袋をSL後部の石炭庫の真上にクレーンで持ち上げ、袋の下の部分を開けて積み込みます。重さは1袋あたり500キロ。石炭の塵が舞う中、整備士たちが補給作業にあたっていました。
試運転当日は車庫から出た後、客車と連結し、石炭の積み込み作業が行われました。石炭を積み終わると周り一面が真っ白になるほどの蒸気を上げ釧路駅へ出発しました。

 貴重映像!石炭の積み込み作業はこちら↓↓

産地が違う!?石炭の秘密

SLの石炭は、実はロシアから輸入したものです。ロシア産の石炭を使うと、煙や蒸気に迫力がでるのだそう。
客車のだるまストーブでは地元・釧路コールマインで採掘された石炭が使用されています。乗客たちは日本酒を温めたりスルメを焼いたりするなど様々な楽しみ方をしていました。

SLの石炭の秘密、いかがでしたか?
次回は、運行終了後に行われる作業に迫ります。(公開しました。)

2021年2月5日

「SL冬の湿原号」特設ページはこちら

関連情報

地震動予測地図 各地で上昇

NHK釧路放送局

2021年4月20日(火)午後6時12分 更新

🏒 We areクレインズ!②大津晃介&大津夕聖 兄弟!…

NHK釧路放送局

2020年11月25日(水)午後5時10分 更新

感染防止対策③簡易マスクの作り方

NHK釧路放送局

2020年3月6日(金)午後5時40分 更新

上に戻る