NHK札幌放送局

北海道から生まれる常夏の音色

さくっとチャンネル

2020年3月19日(木)午後0時10分 更新


常夏の島、ハワイといえばウクレレの音色。
この暖かい音色が寒い北海道でも作られています。

北海道産のウクレレを作ったのは宮城英輔さん。

宮城英輔さん
「ウクレレって小さくておもちゃみたいな楽器だなって思ってたんですけれど、こんなに小さいのにこんなすばらしい楽器があるんだと知って、大好きな北海道の地元の木材でこのウクレレを作ったらどんな音色がするのかなぁっていう気持ちからウクレレを作りたくなりました。」

注目したのは北海道産の「エゾマツ」。
高級なバイオリンやギターなどにも使われており、音響特性にすぐれている木材です。

制作に必要な期間は2年以上。
木を切り出して乾燥させ、パーツごとに加工し組み上げていきます。

宮城英輔さん
「毎日毎日弾いていてまたよくなったっていつも思っていて、どうしたらもっとよくなるのかなっていうのを工夫して熱意をもって作っています。これからできる物ももっともっと良くなるのかなという風にすごく期待しています。」

エゾズウクレレはどんな人でも簡単に生きた音色が弾ける楽器。
宮城さんはこれから何か楽器を始めたいと思っている人にこそ、このエゾズウクレレを弾いてみてほしいと話していました。

2020年02月27日放送

さくっとチャンネル

関連情報

積丹にジンの蒸留所

さくっとチャンネル

2020年5月7日(木)午後0時00分 更新

息子にささげるパイ

さくっとチャンネル

2020年5月14日(木)午後4時09分 更新

体感 極寒の世界

さくっとチャンネル

2020年2月17日(月)午前10時39分 更新

上に戻る