NHK札幌放送局

知床・斜里町の学校で ヒグマに遭遇した時の対処方法学ぶ 特別授業

ヒグマ情報

2021年7月7日(水)午後5時23分 更新

多くのヒグマが生息する知床世界自然遺産に隣接した斜里町の公立学校で、子どもたちが万一クマに遭遇したときの対処方法を学びました。

斜里町では年間800件以上のクマの目撃情報があり、町内の小中一貫校「知床ウトロ学校」は毎年、クマの生態を学ぶ授業を行っています。

7日、これまでクマについて学んできた上級生が先生役を務め、1・2年生を相手に授業を行いました。
上級生たちは、ヒグマが中身を舐めようと、かんで穴を開けた空き缶を見せながら、「ポイ捨てがきっかけで人が住む場所にクマが来てしまうので、ごみの管理を徹底してほしい」と呼びかけました。
さらに、万一遭遇したときの対処方法として、大きな声を出さずに後ずさりしながら遠ざかる練習をしました。

2年生の男の子
「クマにあったら教わったことを思い出して、背中を向けずにゆっくり歩いて逃げます」
先生役を務めた上級生
「私たちは自然と一緒に暮らしていかなければいけないし、その天秤が釣り合うようにしていきたい」

2021年7月7日放送

関連情報

25日 旭川市中心部の河川敷でクマ目撃 注意呼びかけ #ヒ…

ヒグマ情報

2021年6月28日(月)午前11時15分 更新

札幌市東区の市街地にヒグマ出没 けが人も

ヒグマ情報

2021年6月18日(金)午前9時03分 更新

福島町 住宅近くでヒグマ目撃

ヒグマ情報

2021年10月29日(金)午前9時17分 更新

上に戻る