NHK札幌放送局

苦悩するロシア人 函館から反戦を ウクライナ侵攻1年

道南web

2023年2月27日(月)午後0時44分 更新

「自分の母親を殴るようなもの。本当に恐ろしいことです」

 男性の表情は苦しみと悲しみに満ちていた。 衝撃、無力感、怒り、不満、痛み、不安。 この1年間、あらゆる感情が交錯してきた。

 母国ロシアが始めたウクライナ侵攻。 停戦は見通せず、戦闘の長期化は確実な情勢だ。 それでも、決して目をそらさない。いかなる戦争にも反対だから。 

まさか2つの国が

函館市に20年以上住むロシア人のパツーシニー・ワレーリーさんです。ウラジオストク出身で、日本で唯一のロシアの大学の分校、「ロシア極東連邦総合大学函館校」で働くため、1997年に函館市に移り住みました。

その後、「函館とロシアの懸け橋になりたい」との思いで、妻の夏実さんとともにロシアや東欧の雑貨を扱う店を2014年から営んでいます。その母国ロシアが1年前に始めたウクライナ侵攻に対し、ワレーリーさんは今でも信じられない気持ちだといいます。

「去年の2月24日に戦争が始まってから、私の気持ちはそれほど変わっていません。衝撃、無力感や怒り、不満、痛みと不安、そうした気持ちをこの1年間はずっと感じています」

母親を殴るのと同じ

ロシア人とウクライナ人は「兄弟民族」とも言われ、言語が似ているだけでなく、お互いの国にそれぞれの民族が生活し、友人や親戚どうしの関係の人も多くいます。家族関係に例えられるほど歴史的なつながりが深い両国だけに、ワレーリーさんにとってロシアがウクライナを侵攻したことは、肉親に暴力を振るうようなものだといいます。

「両国が戦争するなんて考えられないことで、想像もできないことでした。多くのロシア人がウクライナにルーツを持っています。ロシアという国家そのものがウクライナで始まったという人もいます。ウクライナの首都キーウは『ロシア諸都市の母』、ある意味ではロシアの母です。そのウクライナを侵略することは、自分の母親を殴るような行為なのです。それは本当に恐ろしいことです」(ワレーリーさん)

ロシア雑貨輸入できず

軍事侵攻で、経営する店も大きな影響を受けました。欧米や日本によるロシアへの経済制裁や日ロ関係の悪化で、ロシアの商品が輸入できなくなったからです。

「私たちの店はロシアからの商品を輸入して販売してきましたが、いまやそれは不可能になってしまいました。しかし、それは避けられないことでした。正直なところ、このような状況下で、どうすればよいのか分かりません」(ワレーリーさん)

できることは何か

先行きが見えない中、少しでもウクライナを支援したいとの思いから続けてきたことがあります。

「こちらにあるのがウクライナの民族衣装で『ヴィシヴァンカ』といいます。手刺しゅうの美しい民族衣装です」(妻 夏実さん)

伝統工芸品である民族衣装「ヴィシヴァンカ」をウクライナから直接輸入し、売り上げ金をすべてウクライナへの支援にあてているのです。

また、軍事侵攻への反対を訴えるため、侵攻開始の直後から妻の夏実さんと街頭に立ち、SNSでも発信してきました。

「ロシア国内では戦争に抗議するだけではなく、自分の意見や戦争への気持ちを表しただけで人々が拘束されています。しかし、私は何もせずに沈黙していることはできないと感じました。多くのロシア人が国内外で戦争に反対しています。私も戦争に反対するそうした人間の1人です」(ワレーリーさん)

ウクライナに関心を

ただ、戦闘が長期化する中、軍事侵攻に対する人々の関心が徐々に薄れてきていることを感じているといいます。

ウクライナへの関心を持ち続けてほしい。そうした思いから、4月中旬までの2か月間、フェアを開催することにしました。卵の殻に色鮮やかな模様をつける「ピサンキ」などを並べることで、ウクライナの歴史や文化を身近に感じてもらおうとしています。

「お店をオープンしたときからウクライナの商品は扱っていたのですが、いまは商品に対する思い入れが以前とは違ってすごい重みを感じています。みなさんに広くウクライナのことを知ってもらいたいとの思いが強くなりました」

軍事侵攻が終わるその日まで、自分たちにできることを続けていきたい。それがワレーリーさんの変わらぬ思いです。

「時間がたてば人々の関心は薄れていくものです。ただ、戦争がまだ終わっていないこと、自分たちの意見を表すことはこれからも忘れてはいけないですし、戦争を止めるために私たちにできることは何でもやるんだということ、それも忘れてはいけないと思います」

函館局 鮎合記者が取材した記事はこちらもどうぞ!
議員のなり手不足 あなたの町は?迫る統一地方選挙
インボイス制度 何が変わるの?


関連情報

北海道南西沖地震から30年

道南web

2023年6月28日(水)午前10時03分 更新

道の駅イチオシ!“軽石”で…うまみ満点 ふっくら干物!

道南web

2022年9月14日(水)午後4時46分 更新

知内新名物 ドンッ!と生まれる”あの”お菓子

道南web

2023年2月15日(水)午後5時44分 更新

上に戻る