NHK札幌放送局

“ヒグマと人”斜里町で写真展 #ヒグマ

ヒグマ情報

2020年11月11日(水)午後4時23分 更新

斜里町の知床自然センターで、知床に生息するヒグマと人との関係をテーマにした写真展が開かれています。

写真展は、知床でヒグマなどの野生動物を撮影している写真家の伊藤彰浩さんが開いていて、会場には伊藤さんが撮影した16点の写真が展示されています。
ヒグマが川を泳いだり、森を歩いたりといった知床の自然の中で生息する様子の写真を展示する一方、道路を走る観光バスの前を悠々と歩く、人慣れした母子のヒグマの写真も展示しています。
斜里町の知床博物館が所蔵しているヒグマの骨格標本も同時に展示されていて、その大きさを体感することができます。

愛知県から来た女性
「私たちはヒグマの生息地に来ているんだと思わされた。もう少し人間が考えて自然と共存できるようにしないといけない」
写真家・伊藤さん
「知床では多くの野生動物が生息し、その近くで人も暮らしているそういう関係をいつまでも大切にしてほしい」

この写真展は、斜里町の知床自然センターで11月30日まで開かれています。

2020年11月10日

ヒグマ情報まとめページ
ヒグマ情報2020はこちら

関連情報

山菜採り男性死亡 母グマが子グマ守ろうとして襲ったか

ヒグマ情報

2021年4月12日(月)午後7時20分 更新

福島町 ヒグマ駆除へ ハンター増強 / 専門家“再び人襲う…

ヒグマ情報

2021年7月8日(木)午後8時44分 更新

ヒグマの出没抑制に 人を警戒する場を増やす #ヒグマ

ヒグマ情報

2020年10月20日(火)午後6時25分 更新

上に戻る