NHK札幌放送局

愛馬とつかんだ東京五輪

ほっとスポーツプラス

2021年7月9日(金)午前8時35分 更新

馬場馬術のオリンピック代表、札幌市出身の林伸伍選手(36)です。馬術はオリンピックで唯一、動物と挑む競技で、コロナなどさまざまな困難の中で苦労することも多くあったと言います。愛馬とともに乗り越えて初めて夢の舞台の切符をつかみ取った林選手を取材しました。(札幌局 加藤美穂)

トップライダー林伸伍選手

乗馬クラブに勤めていた伯母の影響で、林選手は3歳から乗馬を始めました。その後、全日本選手権で日本一3回。2014年のアジア大会では団体で銀メダルを獲得するトップライダーにまでなりました。そして今回、初めてオリンピック代表に選ばれました。

林伸伍選手
「本当にいろんなことがあったこの2年ぐらいだったので、まずは1番ほっとしたというのが最初にきた気持ちですね。代表になれて今はよかったなと思っています」

林選手が出場する馬場馬術は、6分半の演技のなかで馬のステップの正確さや美しさなどを競います。その動きの数はおよそ30。例えば、弾むように歩く“パッサージュ”後ろ足を軸に回転する“ピル-エット”などさまざまな演技があります。選手はなるべく観客に分からないよう小さく馬に合図を送り、馬がみずから演技をしているかのように見せます。まさに人馬一体となった演技が必要で、その優雅な動きから“馬のフィギュアスケート”とも呼ばれています。

今回、林選手とペアを組むのは、“スコラリ4””16歳。経験豊富なベテランです。

林伸伍選手
「ふだんの練習だとこのまま競技に出て大丈夫なのかなってくらいおっとりしてたりマイペースな感じなんですけど競技に行くとほんと馬が変わったようにスイッチが入って、本番でさらにこれまで以上のパフォーマンスをしてくれるんじゃないかな」

リオでは想定外のアクシデント

林選手は、前回大会のリオ大会も代表入りを目指していましたが、そこであるアクシデントがありました。そのことが林選手の転機になったと言います。リオ大会の代表選考会直前、当時ペアを組んでいた馬のケガが判明したのです。

急遽代わりの馬で出場したものの代表を逃しました。

林伸伍選手
「本当に悔しかったですし、終わった時は本当にショックだった」

林選手は『ケガに気づくことができなかった』経験から馬との接し方を見直しました。これまでよりも馬と過ごす時間を長くしたり、馬のケアをする時間をより増やしたりしました。馬の動きもおよそ週1のペースで入念にチェック。少しでも気になるところは獣医師にこまめに相談しました。さらに林選手自身も馬の体やケガ・病気などについても改めて勉強し直すなど、馬と向き合ってきました。

林伸伍選手
「自分の感覚を獣医師さんに伝えて“ここがちょっと調子悪そうなんだけど”とかいろいろよく話し合って。それはこれまでの経験から培ってこれたと思います。とにかくまずは馬の健康を第一にオリンピック最後までいけるようにという意識できました」

コロナ、さらに馬ヘルペス困難が続く

オリンピックに向けて調子を上げていた林選手。しかし、コロナでオリンピックが1年の延期。去年4月、延期になった時に林選手に取材した時には「馬の1年は人間に例えると3、4年に相当する。コンディションをキープするのも難しい」と話していました。

また、当時ドイツでは外出時間の制限もあり「健康状態など限られた時間の中でチェックしなければならない」と不安も話してくれていました。その中でもできうるかぎりのケアを続けてきました。 (当時の記事はこちら)

さらに、コロナだけではありません。ことし3月にはヨーロッパを中心に馬の感染症である「馬ヘルペス」も流行しました。死んでしまう馬も多くでました。それらの影響で、本来であれば5か月にわたってヨーロッパで行われる予定だった代表選考会が2か月に短縮されました。

リオの悔しさがあったから

そんなタイトなスケジュールの中でも林選手とスコラリ4のペアは日本選手の誰よりも大会に出場し、力を培ってきました。それでもケガなく代表をつかみました。リオでの苦い経験が東京へとつながったのです。

林伸伍選手
「非常に大変な選考期間だったんですけど、この経験を生かして今回代表になることができたと思っています。リオの時のその悔しさが、さらに自分を強くしたかなというのはありますね。見てる方に楽しんでもらえるような演技をしたいです。北海道の方からの応援もすごい感じているので、ぜひ結果を残して恩返しをしたいなと思ってます」

(取材後記)
異例の1年を乗り越えた林選手とスコラリ4。だからこそ絆はより強いものになっています。大舞台で、どんな人馬一体の演技を見せてくれるんでしょうか。馬場馬術は、開会式の翌日、7月24日(土)からさっそく始まります。

2021年7月8日

関連情報

夫婦で初五輪へ!代表決定戦に挑む

ほっとスポーツプラス

2021年9月17日(金)午後7時38分 更新

亡き兄と聖火リレーを走りたい

ほっとスポーツプラス

2021年5月28日(金)午後10時20分 更新

新生レバンガ どさんこ指揮官 ディフェンスを徹底

ほっとスポーツプラス

2020年8月27日(木)午後2時37分 更新

上に戻る