NHK札幌放送局

どうする 電気?

番組スタッフ

2021年3月29日(月)午後5時00分 更新

この冬、各地を襲った寒波。暖房による電気の使用が増えたために電力需給がひっ迫して、電力使用率99%という厳しい状況に追い込まれる地域もありました。なぜこのようなことが起こったのか。調べていくと、「今の発電のあり方のまま、この先も進んでいくことが、いよいよ難しくなってきたのかもしれない」という実情が見えてきました。一方で、将来を見据えた確かな挑戦が、各地で行われていることも分かってきました。

日々の生活の中で「当たり前のようにある電気」に慣れてしまっている態度を変えていかなくてはいけないのではないか…。取材している私たち自身も考えさせられました。そして、生活に欠かせない電気のことについて、是非、皆さんと一緒に考えていきたい、そう強く思ったのです。

このシリーズでは、そのための材料となる最新の情報を、継続取材しながら、提供していきたいと思っています。

エネルギー取材班

掘削に求められる「神業」 3月29日公開

電気からトマトまで 地熱発電の恵み 3月25日公開

「今のまま」は 維持できない 3月23日公開

※第1弾として、3月19日(金)午後7時30分~放送「北海道道 再び動き始めた地熱発電」の取材をもとにした内容をご紹介しています。

関連情報

もうすぐ真夏の文芸館 あと5日

番組スタッフ

2020年8月12日(水)午前10時16分 更新

「#オンライン旅」エンドロール

番組スタッフ

2020年6月1日(月)午後0時00分 更新

さわやか自然百景 ディレクター日記

番組スタッフ

2021年1月27日(水)午後0時42分 更新

上に戻る