NHK札幌放送局

ひるナマ+「“ラッピング”で贈り物を華やかに!」

ひるナマ放送記録

2021年2月12日(金)午後5時21分 更新

大切な人への贈り物。自分で素敵にラッピングできたらいいですよね。そこで、全国でも 珍しいラッピングを専門にしたお店を営む、内田三紗子(うちだ・みさこ)さんをお招きし、初心者でも簡単にできるラッピングのコツを教えて頂きました。 

ラッピングは、ただ、物を包むだけではありません。「心を包み、心を届ける」。これがラッピングの魅力です。その心を表現するのに欠かせないのは、包装する素材の色合わせです。
どんな色を使うかによってラッピングのイメージが変わるからです。

ソフトでナチュラルに仕上げたいなら黄色や緑。爽やかでモダンなイメージなら青。キュートに見せたいなら赤やピンク。このように、贈る相手や用途によって色を変えることで、贈る人の思いも包み込んだ素敵なプレゼントに変身します。

今回は、マスクでおなじみの「不織布」を活用したラッピングをご紹介します。

完成品①

不織布は、折り目がつきやすい包装紙とは違い、柔らかい素材なので何度でもやり直しが可能です。初心者でも華やかに包むことができます。

2色の不織布で箱を包んだだけの簡単なラッピングです。用意する包材はこちらです。

不織布は、包む箱のサイズに合わせてカットして下さい。包材は、文房具店や手芸店、100円ショップなどで購入できます。


【包み方】
① 水色の不織布を下にして、その上に茶色の不織布を重ねます。
② 重ねた不織布の上に、プレゼントの箱を中央よりやや上に置きます。
③ 左、右の順で不織布をかぶせます。
④ 箱の縁に合わせて折り畳み両端の不織布を集めます。
⑤ 集めたものを手芸用ワイヤーで仮どめします。
⑥ リボンを掛けてきつく結び、ワイヤーを外します。
⑦ リボンをちょう結びしたらハサミで裾をカットします。
⑧ 不織布を1枚1枚広げて整えたら完成です。

完成品②

次に、形の違う2つの贈り物をまとめてラッピングする方法です。

ジャバラをアクセントにしたこのラッピング。透明のフィルム袋に箱と瓶を詰めて包んでいます。用意する包材はこちらです。

洋紙と赤い不織布は、フィルム袋の2倍の長さにカットして下さい。白の不織布はそれよりもさらに長めにカット。包む贈り物のサイズに合わせて用意して下さい。


【包み方】
① 洋紙は黒い面を下にして、その上に赤い不織布を重ねます。
② 重ねたペーパーを透明のフィルム袋の中に入れます。そこに箱と瓶を詰めていきます。
③ 箱と瓶のサイズに合わせて側面をテープで固定し、マチをつくります。
④ 箱の上部の縁にそってペーパーを半分に折ります。さらに、箱の角から1cm下を目安に折り上げます。
⑤ これを数回繰り返し、1cm幅のジャバラができるように山折り谷折りします。
⑥ ジャバラができたら中央をホチキスで留めます。
⑦ 白い不織布を縦に巻き、リボンで固定します。
⑧ リボンはちょう結びをした後、ハサミで裾をカットします。
⑨ 余分な白い不織布もカットしてきれいに整えると完成です。


ご紹介したラッピングは、包材の色を変えることで自分好みにアレンジすることができます。ぜひ、贈り物を華やかにラッピングして、大切な人への思いも届けて下さい。

<出演> NPO法人ジャパン・ラッピングクラブ 理事 内田 三紗子 さん

 
2021年2月9日放送

関連情報

ひるナマトークSP 「‘いい加減’は‘良い加減’」

ひるナマ放送記録

2020年2月25日(火)午後2時30分 更新

くらしナビプラス「寒暖差を乗り切る!」レシピ「たんぱく質が…

ひるナマ放送記録

2020年3月17日(火)午前11時50分 更新

ひるナマトークスペシャル『小さい村から世界一へ! ~江丹別…

ひるナマ放送記録

2021年5月25日(火)午前11時26分 更新

ひるナマ!北海道

ひるナマ!北海道

北海道にとことんこだわるゲストのトークと役立つ生活の知恵を伝える情報番組。 道内各地から“魅力的な北海道人”を札幌のスタジオにゲストとして招き、地域の情報や季節の話題、生活に役立つ知恵を生放送でお伝えします。毎日、気象予報士が出演して道内各地の気象情報をわかりやすく伝える他、各地域の魅力を全道各局のリポーターが発信します。 番組では皆さんからのお便りを募集しています。 ゲストへの質問や応援メッセージは、このページに表示されているバナーをクリックしてご投稿ください。 皆さんの日常のちょっとした出来事、お住まいの地域の季節の話題などもお待ちしています。写真も受け付けています。 ※国会中継などのため、放送を休止することがあります。

上に戻る