NHK札幌放送局

ぶらりみてある記 「馬への思い!いろんな形で~新ひだか町~」

ぶらりみてある記

2020年7月20日(月)午前10時00分 更新

ぶらりみてある記はサラブレッドの町、新ひだか町。

出産シーズンを終え、多くの子馬が育つ中、36歳という長生きの馬もいます。
馬にあまり関わりのない子どもたちにも関心を持ってもらおうという集まりでは
思い思いの馬のイラストを描いたキーホルダーづくりを行なっていました。
お花屋さんにも、馬の町ならではの新たなお土産品が。てい鉄にお花屋さんらしく花を飾り付けたものです。
地元の農業高校には「馬コース」があり、生徒たちは子馬のお世話をしながら、将来、馬に関する仕事に就くことをめざしています。
いろんな形で馬への思いを表現する、町のみなさんを訪ねました。

問い合わせ先
【町の観光について】
新ひだか観光協会    0146-42-1000
【「てい鉄の壁かけ」について】
花よし しょうえいの店 0146-49-0087
【「子馬のお世話をしていた高校」について】
北海道静内農業高等学校 0146-46-2101
旅人:石川晴香(室蘭局)

【旅の感想】
右を見ても馬、左を見ても馬、そんな新ひだか町の静内農業高校では、全国でも珍しくサラブレッドの生産から繁殖まで行っています。全国各地から集まった生徒たちが苦労しながらも愛情込めて馬を世話する姿が印象的でした。
馬のキーホルダーを作る子どもたちの会では、なにも見ずに馬の絵をすらすらと描いていて、さすが馬の町!と感じました。
また、お花屋さんが作るてい鉄を使ったフラワーアレンジはとても素敵でしたが、その裏にはご主人のこだわりがあり、手間暇かけて作っているものだと知ることができました。
重賞勝ち馬の最長寿記録を持つ馬、マイネルダビテも新ひだか町!!なんと36歳!!
人間に換算すると140歳前後だそうです!馬主の岡田牧雄さんと共に生きてきたマイネルダビテ。岡田さんのまなざしに、言葉では言い表せない深い感謝と愛を感じました
馬を通して素敵な出会いが溢れる旅でした。新ひだか町の皆さん、ありがとうございました。

(2020年7月18日放送)


関連情報

自慢の牛乳で町も人も元気に!~興部町~

ぶらりみてある記

2019年6月27日(木)午後6時17分 更新

ぶらりみてある記 「タンチョウ飛来! 鶴居村の魅力を訪ねて」

ぶらりみてある記

2019年12月17日(火)午後1時40分 更新

ぶらりみてある記 「シーズン到来!新そばでにぎわう新得町」

ぶらりみてある記

2019年9月30日(月)午前10時32分 更新

おはよう北海道

おはよう北海道

北海道の最新ニュースと気象情報をテンポよくお伝えします。 道内各地の朝の表情を中継やお天気カメラの映像を通してお届けします。

上に戻る