NHK札幌放送局

シラベルカ#18 “ながら勉強”なぜダメなの?

シラベルカ

2020年7月31日(金)午後7時14分 更新

みなさんからの疑問を調べるシラベルカ。今回からは、子ども達の疑問に答える新たなコーナーをはじめます。その名も「シラベルカfor teens」。10代以下の若い世代からの依頼を徹底取材するコーナーです。新たなキャラクター「シラベルカジュニア」も仲間入りし、取材に同行します。 さて、8月3日放送の最初のテーマは、小学4年生の男の子から寄せられたこちらの質問です。 

札幌市 小学4年生の男の子
「テレビを見ながら宿題してもできるのに、テレビは消されちゃうし。~しながらの、勉強はなぜダメなんだろう… テレビはダメで、音楽は良いの?」
~しながらの、勉強はなぜダメなんだろう… テレビはダメで、音楽は良いの?」


自称“ながら勉強”の達人が現る・・・

この質問について調べるのは札幌放送局の生田隆之介記者です。
“ながら勉強”についての印象を聞くと、驚くべき答えが返ってきました。

■生田記者
「実は私、高校・大学と“ながら勉強”しかしてきませんでした。だから、このテーマは誰よりもシンパシーを感じるんです。」
■ディレクター
「本当ですか? まさに“ながら勉強”の達人じゃないですか。」
■生田記者
「そうですね。四六時中“ながら勉強”してましたね。今になって思うと、非効率な面も確かにあったかもしれないですけど、必ずしもマイナス面だけではないと思うんです。」
■生田記者
「これが、“ながら勉強”をしていた学生時代の写真です。いい笑顔でしょう。少しアップにしま・・・」
■ディレクター・カメラマン
「あ、すみません。結構です・・・」


シラベルカ的 “ながら勉強”実験

“ながら勉強”の効率性を確かめるため、取材班はある実験をすることに。
様々な環境の下でテストを行い、その結果に差が出てくるか検証してみます。

今回の実験に協力していただくのは、札幌市にある札幌新生塾のみなさんです。
普段は静かな教室ですが、“ながらテスト”をすると変化はあるのでしょうか?


“ながら勉強”にも良いシーンがある!?

さらに、取材班は専門家にも取材をしました。
“ながら勉強”は本当に非効率なのでしょうか?

生田記者が質問すると、気になるキーワードが浮かび上がってきました。

■北海道大学 河原純一郎 教授
「人間の脳にあるのは、4つの記憶装置です」
■生田記者
「4つの記憶装置??」

さらに、自称・ながら勉強の達人、生田記者は食い下がります。

■生田記者
「“ながら勉強”でもプラスの側面はありませんか?」
■北海道大学 河原純一郎 教授
「●●●●の場合なら効果があるかも知れません」

なんと、“ながら勉強”と相性のいい学習もある!?
その真相は8月3日(月)放送のほっとニュース北海道の報告で詳しくお伝えします。

シラベルカ トップページへ

関連情報

シラベルカ#15 ~夜になると赤く光るハウスの正体は?

シラベルカ

2020年7月10日(金)午後6時39分 更新

シラベルカ#13 まるでナスカの地上絵 「碁盤の目」の正体…

シラベルカ

2020年6月26日(金)午後4時58分 更新

シラベルカ#11 北海道の短い夏を楽しみたい! でもプー…

シラベルカ

2020年6月12日(金)午後6時24分 更新

上に戻る