NHK札幌放送局

イトウの日 すごろくで生態学ぶ #サケ

サケチャンネル

2020年1月17日(金)午前11時48分 更新

1月10日は語呂合わせで絶滅危惧種の淡水魚、イトウの日です。北見市にある「北の大地の水族館水族館」には、イトウの生態や一生を学ぶすごろくが登場しました。

イトウは、日本では、北海道だけに生息する絶滅危惧種の淡水魚です。
30匹飼育している北見市留辺蘂にある「北の大地の水族館」は、1月10日のイトウの日にあわせて、生態や一生を体験する大型のすごろくを設置しました。

「イトウすごろく」は、最初にさいころを振って、イトウの稚魚の数を決めます。マスを進むごとに、ほかの魚に食べられたり、行く手をダムに阻まれたりする過酷なイトウの一生を体験しながら、およそ40マス進み、最後に繁殖地に向かうことが目標です。

すごろくを体験した9歳の女の子は「難しかったけど知らないことをたくさん知れて楽しかった。イトウの一生は最悪だと思った」と話していました。

北の大地の水族館の山内創館長
「イトウの一生が厳しいということを知って、守らなければいけないということに気づいて欲しい」

2020年1月10日

関連情報

身近な川にもマイクロプラスチック

サケチャンネル

2020年1月10日(金)午後3時38分 更新

川で遊び 川と生きる

サケチャンネル

2019年8月23日(金)午後8時17分 更新

サケマス初水揚げも価格は低調 #サケ

サケチャンネル

2020年4月14日(火)午後2時46分 更新

上に戻る