NHK札幌放送局

日本ハム 感染防止対策を公開

ほっとニュース ミニ

2020年7月9日(木)午前11時55分 更新

プロ野球・日本ハムは、8日、翌週14日のロッテ戦から札幌ドームに観客を入れて試合を行うのを前に、新型コロナウイルスの感染防止対策を公開しました。

プロ野球は7月10日から観客を5000人まで入れて試合を行う予定です。日本ハムは14日の札幌ドームでのロッテ戦から観客を入れるのを前に、感染防止対策を報道関係者に公開しました。

入場ゲートにサーモメーター

札幌ドームの入場ゲートにはサーモメーターを設置します。対応するスタッフがマスクやフェースガード、手袋で感染を予防し、体温が37度5分以上の観客については入場を断ります。

球場内の飲食店は

飲食店では、飛まつ感染を防ぐために飲み物のカップには必ずふたをつけるほか、食べ物も包装した状態で提供することになっています。

観客席では

スタンドでは観客どうしの間隔を横は3席空けたうえで、前の席とは互い違いに座ってもらい、階段の手すりなど手で触れる場所については1時間に1回の消毒を徹底するということです。

あとで周囲の観客に感染者が確認されたら・・・

球場内のおよそ90か所に専用のQRコードが掲示されています。このQRコードをスマートフォンなどで読み取りメールアドレスを登録すると、感染者が確認された場合にメールで知らせて注意を促すシステムが導入されました。

日本ハムの興行担当 鈴木ディレクター
「しっかり準備してきたので、ファンの皆さんには安心して来ていただいて楽しんでほしい」

2020年7月9日

関連情報

マスクについての記事を集めました

ほっとニュース ミニ

2020年7月27日(月)午前10時30分 更新

道産水産物が食卓から消える? #水産クライシス

ほっとニュース ミニ

2020年2月18日(火)午後1時03分 更新

ホタテ 好調の秘密は #水産クライシス

ほっとニュース ミニ

2020年2月25日(火)午後5時19分 更新

上に戻る