NHK札幌放送局

ぶらりみてある記 「コーヒー香る町 函館」

ぶらりみてある記

2019年12月2日(月)午前10時33分 更新

 旅の舞台は函館市、古くから異国の文化がたくさん入ってきた町です。その一つがコーヒー。市内には180件もの喫茶店やカフェといったコーヒーが楽しめるお店があります。創業80年以上の老舗コーヒー店や、海産物を扱う市場の中で営業するちょっと変わった喫茶店にお邪魔しました。さらには道内最古のばい煎工場も!こだわりのばい煎機で毎日400キロ以上の豆をばい煎し、地元の人たちに愛されています。函館のコーヒー文化の起源は何と江戸時代。「箱館奉行所」で当時の飲み方を再現した“北海道最古のコーヒー”を体験し、コーヒー香る函館の町の魅力をお伝えします。

問い合わせ先
(朝市に関して)函館朝市協同組合連合会事務局
                  電話番号0120-858-313
(ばい煎工場に関して)美鈴商事株式会社
                  電話番号0138-57-2233
(箱館奉行所に関して)箱館奉行所
                  電話番号0138-51-2864
※年度内の幕末コーヒー体験は終了しています。来年度以降の開催は未定です。
(コーヒー店に関して)十字屋食料品店
                  電話番号0138-22-1777
旅人:花田 実咲(函館放送局)

【旅の感想】
 今回の旅では、函館とコーヒーの意外な関係を知ることができました。
 市場の中の喫茶店。ちょっと不思議な光景でしたが、市場にあるからこそ、地元の方や市場の方の1日の活力になっているんだなと感じました。
 炭火でばい煎したてのコーヒーもいただきました。炭火により豆の中までじっくり火が通り、コクのある味がとてもおいしかったです。
 コーヒーが昔は薬として使われていたことには驚きましたが、すり鉢でするとなんだか薬というのも納得できる気がしました。
 コーヒーは今も昔も函館市民の生活に欠かせない飲み物なんですね。
 取材に協力してくださったみなさん、ありがとうございました。

(2019年11月30日放送)

関連情報

自慢の牛乳で町も人も元気に!~興部町~

ぶらりみてある記

2019年6月27日(木)午後6時17分 更新

シーズン到来!新そばでにぎわう新得町

ぶらりみてある記

2019年10月24日(木)午後6時39分 更新

ぶらりみてある記 「流氷シーズン到来 冬の見どころ満載!~…

ぶらりみてある記

2020年2月25日(火)午前11時30分 更新

おはよう北海道

おはよう北海道

北海道の最新ニュースと気象情報をテンポよくお伝えします。 道内各地の朝の表情を中継やお天気カメラの映像を通してお届けします。

上に戻る