NHK札幌放送局

#ナナメの場 トーク vol.4 ~「夢中」後編~

NHK高校放送部

2022年2月24日(木)午後1時09分 更新

リスナーのみなさんが寄せてくださったおたよりを、MCのずーちゃん・ゆりなさんが読みながら、あれこれとおしゃべり。「#ナナメの場トーク」のコーナーです。今回のおたよりテーマは「夢中」。番組WEBなどで募集しました。

タテ(家族や先生)でもヨコ(友だち)でもない“ナナメの関係”で、普段はちょっと話しにくい悩みや夢をゆるーく語り合う「ラジオ #ナナメの場」。 第4回は「夢中」をテーマに、NHK帯広放送局から生放送でお送りしました。 
放送日:2022年2月20日 (#ナナメの場 ホームページはこちら

【ラジオ #ナナメの場 MC】

⽔野莉穂(ずーちゃん) … 写真中央
紅茶の喫茶店アグラクロック オーナー。2017年北海学園大学を卒業して半年後、生まれ育った恵庭市で喫茶店をオープン。“自分が好きなじぶんで居られるところ”を大切にした場づくりを通して、輪づくりをしている。今後は、田舎暮らしを通して、季節と暮らしながら遊ぶ場づくりを計画中。

まえだゆりな … 写真左
北海道函館発のうたうたい。 つまずきながらもまっすぐに生きるうたをうたう。日本や海外の子どもたちとの曲作りワークショップ、演劇やダンスチームとのコラボなど、表現をすることの可能性に挑戦。2018年車で日本一周”my way tour”、2019,2020年度NHKほっとニュース北海道ED曲、現在FMいるか 「サウンドセレクト」番組DJ担当。

【進行】
神門光太朗アナウンサー
(NHK帯広放送局) … 写真右


神門アナ:NHK帯広放送局からきょうは生放送です。放送時間もあと20分ほどになりましたね。もう20分しかないですからね。
家族や友だちとはちょっと違う、「ナナメの関係」の人たちとゆるくつながって、もう1つの居場所を作らないかい?っていう、「ラジオ#ナナメの場」。お送りしているのは…

ずーちゃん:
「ずーちゃん」こと水野莉穂と、

神門アナ:
進行のお手伝いはアナウンサーの神門光太朗です。そして先ほどまで席に座っていたまえだゆりなさんは、もう今立ち上がってギターケースを左手に抱えてスタジオの外に…

ゆりなさん:
(遠ざかりながら)行ってきま~す。

ずーちゃん:行ってらっしゃ~い。もう20分しかないですからねえ。

神門アナ:
きょうの番組内容を受けてそこからイメージを膨らませて曲を作る、

ずーちゃん:
そして私はその曲にタイトルを付けるというお仕事が残っております。

(スタジオの外で、曲作りを始めるゆりなさん)



神門アナ:さあここからは後半の #ナナメの場トーク コーナーです。リスナーの皆さんとお話をしていこうというコーナーです。先ほどの「ぷれいおん・とかち」の羽賀さん、そしてガミさん、スッポンくんにも、リスナーの方との電話トークに参加してもらおうと思っております。

ラジオリスナー同士でつながった仲

神門アナ:さあまずこの時間紹介するのはラジオネーム「バビ_なおた」さんです。電話番号を書いてくださっている。ちょっと呼んでみましょうか。

ずーちゃん:
バビ_なおたさーん、聞こえますかー?

バビ_なおたさん:
(電話)「はい、聞こえております、こんにちは。」

ずーちゃん:こんにちは!NHKラジオ#ナナメの場 MCのずーと申します!

バビ_なおたさん:
はい、よろしくお願いします。

神門アナ:
バビ_なおたさんは塾の先生をしていたんですね。

バビ_なおたさん:
していたんですよ。

ラジオネーム「バビ_なおた」さんからのおたより
昔、塾の先生をしていました。 その頃は「親でも学校の先生でもなく、一番近くの大人であろう」という目標を胸に頑張っていました。今思えば、あれを「ナナメの関係」と言えるのかもしれません。暖かい番組をありがとうございます …

神門アナ:と頂いていますね。塾は何年前ぐらいまでされていたんですか?

バビ_なおたさん:
もう随分… 10年ぐらい前になったんですけれども、大学生頃から卒業してそのまま何年か続けていて、10代の頃から20代中盤ぐらいまでやっています。


ずーちゃん:そうなんですね。「夢中」のお話も書いてくださったようですが、今、夢中なことは何かありますか?

ラジオネーム「バビ_なおた」さんからのおたより(続き)
… 「夢中」といえば、中学生の頃から始めたギターから、未だに夢から覚めたことがありません。音楽を通じて得た仲間たちもまさにナナメの仲間として今でも繋がっています。

バビ_なおたさん:音楽でぼくはギターを特に弾くんですけれども、中学生の頃からつい先日この間初めて手にしたギターの保証書が出てきたんですけど、これがちょうど去年の時点で20年前で。

ずーちゃん:
そうなんですね、ギター歴20年ということです。なるほど、じゃあその音楽とかでも、いろんな音楽仲間とつながったりとか…。

バビ_なおたさん:いまだにバンドやっていた仲間と連絡を取ることも多いですし、最近ではそちらでも紹介されたことのある「Kの世界史」君と一緒に、オンラインのラジオ番組でギターを投稿したりして。

ずーちゃん:あっ!そうだったんですねっ!

神門アナ:すげーな…!

「Kの世界史」さんのおたよりをご紹介した、前回放送の記事:“読む”ラジオ #ナナメの場「停滞期、音楽のおかげで前に進めた」

ずーちゃん:うれしい!そうなんだ、そうやってつながっていくんだ…。

バビ_なおたさん:これも音楽がスタートでこういうことになって。

ずーちゃん:なるほど。バビ_なおたさんにとって、ナナメの場とか、ナナメの関係の方がいるっていうのはどういうものですか?

バビ_なおたさん:やっぱり距離が近すぎたりすると相談できないこととか、距離が遠かったり、立場が…関係性が生まれちゃってる相手とかだと、相談できないことが多くなってくると思うんですけれども、程よい距離感だからこそ相談できること、話すことができる相手、というのが良いかなと思います。

ずーちゃん:確かに。

神門アナ:今「Kの世界史」君の話が出ましたけど、この番組におたよりを頂いていて、「夢中になっているのは話すことです」っていうメッセージを頂いていますね。バビ_なおたさんと話すことも「夢中」っていう中に入るのかな。

バビ_なおたさん:よかった。

ずーちゃん:すごいすてきな関係…

神門アナ:ギターを始めたのは中学生の時からという話でしたよね。このスタジオに、「ぷれいおん・とかち」の会員スッポンくんがいますよ。

ずーちゃん:中学生代表で。

神門アナ:
スッポンくんは今何か打ち込んでることってあります?

スッポンくん:
今、受験が終わったので、自分の好きなこと、音楽とか、映画みたり、とりあえず自分の好きなことを毎日してゆっくり過ごしています。

神門アナ:
バビ_なおたさんのさっきの話、中学ぐらいからの関係性って大人になっても続くという。

ずーちゃん:確かに、そうですよねっ…!

神門アナ:スッポンくんも、今の関係性をこのあとも大事にね。

ずーちゃん:きっとガミさんとの関係とかも続いていくんですね。

神門アナ:バビ_なおたさん、いつもメールなどラジオ番組にお寄せいただきましてありがとうございます。また「#ナナメの場」なり、私もラジオ番組「十勝の話題と音楽」とかやってますんで、また聞いてやってください。

ずーちゃん:ファミリーの輪が広がったようで、うれしいですね…。 


ラジオリスナー同士でつながった仲 パート2

ずーちゃん:続いてなんですけど、ちょっと私から1つ読みたい投稿があるんですけどいいでしょうか。でしゃばってもいいでしょうか、うふふ!

神門アナ:だってメインパーソナリティですから。

ずーちゃん:では、ラジオネーム「カモノハシ」さんからです。

ラジオネーム:「カモノハシ」さんからのおたより
夢中になったことでつながったこと 。
神門さんのラジオに夢中でした。twitterで全世界に公開ツイートなんて絶対しないと思っていましたが、神門さんに見てもらいたくてツイートして、勝手に神門さん、神門さんファンとつながっていたと思います。

ずーちゃん:ということで、この方のリクエスト曲はこの曲です!

( ♪「ごごラジ!」オープニング曲 )

神門アナ:”時刻は4時40分になっておりますNHKラジオごごラジ!、神門光太朗です!” …みたいな感じで以前放送していましたね。

「ごごラジ!」 … 2019年3月まで神門光太朗アナウンサーが東京で担当していた、全国向けのラジオ番組

ずーちゃん:この曲はどういう曲なんですか?

神門アナ:この曲は「ごごラジ!」っていう平日の午後1時5分から、長いときだと4時55分まで4時間やっていた番組で、その番組のオープニングテーマだったんですよね。

ずーちゃん:そのころから聞いてくれていたっていうことですね。ちょっとカモノハシさん、聞いてくれていたらうれしいな。

神門アナ:ラジオってやっぱりね、こうやってあのときの曲を聴くと… その時の感情を思い出すっていうの、あるのよね。

ずーちゃん:確かに、確かに! そうですね。


神門アナウンサーと、ラジオとの出会い

ずーちゃん:ちなみに神門さんの「夢中」っていうのは何かありますか?

神門アナ:「夢中」だったことは…


神門アナ:私は今ラジオの仕事を主にさせてもらってますけども、出会ったきっかけってのも、小学4年生のときに私は、当時登校拒否って言い方してましたけど、いわゆる不登校児童だったんですよ。

転校した先の学校で、なんかうまくなじめなくて。「学校行きたくない」って言ったら、そのころ登校拒否なんて言ったら親が引っ張って、ギャンギャン泣き叫ぶ中引きずり回されて学校に行くっていうような時代で。

だけど行きたくないって、家にこもってつけたのが … 昼間にやっていたラジオなんですよ。お父ちゃんお母ちゃんが聴いていたちっちゃなラジカセを、ポンってスイッチ入れたら、全然今まで自分が触れたことなかった大人の世界がそこで展開されていて。当時岡山に住んでいたんですけれども、ちょっと隣の大阪の電波とかもそこにビンビン飛んできていて、全然聞いたことないような関西弁が飛び交っていた。


神門アナ:きょう徳丸さんのお話の中でも、あの方も不登校のときにラジオに出会った、音楽に出会った、ファッションに出会った、というお話をされていました。それが一生もののつきあいになるよ、って話をされていましたけど、私の場合小学校4年生のときの、「大人の世界を自分が先にみんなより先に見てんだぞ!聞いてんだぞ!」っていうのが…。


子どもには「ぼ〜っとする時間」が必要

ずーちゃん:そうですよね、学校に行くとか行かないとかいう選択肢もあるけど、行かないっていう選択肢を取ったときに何に出会えるか。羽賀さんの出会った子とかでもいらっしゃいますかね。

羽賀さん:パッと具体的に思い出せないんですけど、やっぱり何か好きな事に出会うっていうのは、時間あるときだと。余裕があるというか。コレをやりなさい、アレをやりなさい、次はこれですよ、って言われていたらなかなか出会えない。やっぱり子どもってぼーっとする時間だったり、放っておかれる時間が必要なんじゃないかな、といつも思っています。

ずーちゃん:確かに、ぼ〜っとしている子とか見たら、親が「何してんの!」とか言ってしまいがちになるけど、それも認めてあげるというか。

羽賀さん:やっぱりぼ〜っとする時間あるから脳も育つって言われていますし、やっぱり子どもがぼ〜っとしているときって、すごく頭の中がぐるぐるぐるぐる、いろいろ成長していると思うので、ぜひぼ〜っとさせてあげてほしいと思います。

ずーちゃん:そうなんですね、どうしてもほかの子と比べて、こうしなさいと言っちゃうかなと思うんですけど…

羽賀さん:つい親心ですけど。言っちゃうのも悪いことではないと思いますけれど、いろんな時間を子供が過ごせたらいいかなって思います。


好きなことの見つけ方

神門アナ:スッポンくんは高校受験を終えたばかりですっていう話があったけど、15歳になったらみんな何か横1列でその関門に向かって、皆で同じタイミングで越えなきゃいけないんですよって言うことが、何か重すぎやしませんか。

羽賀さん:ほんとそうですね。今育つ中で、比較されるっていう教育だったりとかそういうふうな場を踏んで成長していくっていう世の中になっていますけれど、やっぱり一人一人のしたいことというのを見つけるためには、自分で自由になる時間がないとできないと思うので。スッポンくんもぜひフリーな時間を満喫して、好きなこと見つかるといいなって思いますね。

ずーちゃん:ぷれいおんさんで育った人たちは、自由にさせてもらった経験があるから、自分で好きなことを見つけたりとか、こういう関りを作ろうってできたりとかするのかなって思ったんですけど、どうですか、ガミさん。

ガミさん:そうですね。これもぼくの経験になっちゃいますけど、羽賀さんの言っていたぼ~っとする時間とかが、中学とか高校とか、ああいう時間に自分にはとっても大事な時間だったのかなって今振り返ると思っていて。その時間に無理すると、やっぱりよくない方向に行っちゃったりするのかなと思うんで、ぼ~っとしていると言っても、きっと人なりにいろいろ考える時間にはなっていると思うので。ぼくも今の大人としてのかかわりの中では、無理に何かさせるんじゃなくて、何か付き合ってあげたり、付き合ってもらったりっていうぐらいの感じで、いろんなことをやっていけたらなって。

ずーちゃん:程よい距離感みたいなものを、3人を見ていて感じますね。

神門アナ:「#ナナメの場」をつけた「エイジ」さんの投稿、「大人は見ることと聞いてあげることだけでいいんじゃないか」。

羽賀さん:
「見守る」って言いますけれども… つい口を出して、こうしたらいいよ、ああしたらいいよ、って大人の立場として言いたくなっちゃいますけど、
やっぱり子どもってさっき徳丸さんの話にもありましたけれども、ごはんと食べる物と環境を作ってあげれば、子どもって勝手に育っていくんですよね。なのでやっぱり自分で夢中を見つけていくっていう環境があったほうがいいなとは思いますね。


神門アナ:この時間は「ぷれいおん・とかち」の羽賀洋子さん、そしてガミさん、スッポンくんと「#ナナメの場トーク」に参加していただきました…

おっと!私の右手を見ますと、ヘッドホンをつけて、ギターを抱えたゆりなさんが戻ってきました…!

続き… 番組最後は、まえだゆりなさんの即興弾き語り
みんなのうた「トンネルの向こう」

#ナナメの場 トップページ


関連情報

凪良ゆうさんトーク全文公開~後編~

NHK高校放送部

2021年7月8日(木)午前10時54分 更新

みなさんの目標聞いちゃいました!(放課後なまらじお1月19…

NHK高校放送部

2022年1月24日(月)午後6時05分 更新

“読む”ラジオ #ナナメの場 ~後編 場づくりトーク~

NHK高校放送部

2021年9月28日(火)午後1時10分 更新

上に戻る