NHK札幌放送局

もやカフェから街づくりへ #ナットクとかち

十勝チャンネル

2019年12月18日(水)午後3時46分 更新

今月4日開催の「もやカフェ」では、十勝で感じる「もやもや」とその解決のアイデアがたくさん集まりました。今回はその中から、「今後の街づくりのヒント」という視点から、整理しました。

街づくりヒントもや①中心市街地の魅力アップを!

多くの人から出ていたのが、この「もやもや」です。具体的には「帯広市中心部の広小路商店街やデパートにもっと人が集まってほしい!」という声。これに対して女子高校生からは「デパ地下のアイス屋にはよく通っている!」という声も出ました。若い世代が集まる場所もヒントのひとつになりそうです。

このほか「全国展開する有名な店がない!」とか「店が閉まる時間も早い」「芝居をやっているところがあるといい!」といった「もやもや」も聞かれました。こうした声も街の魅力アップに生かせるかもしれません。

街づくりヒントもや②人とつながる“街”

「移住者の人と知り合いたいが、そういう場所がない」こんな声もありました。「人とつながる“街”を」 人とつながりやすい街づくりの仕掛けも必要かもしれません。

街づくりヒントもや③交通弱者の目線で…

「どこに行くにも車がないと…」 車社会の十勝では、こんな声も多くありました。「車がないと行ける場所が限定される」「高校生は運転できないので冬は徒歩かバス移動だ」「カーシェアリングが十勝で増えてほしい」「維持費を考えるとタクシーはローコストだ」といった声もありました。交通弱者の目線での街づくりも大切だと思います。

もやカフェ スタッフ 佐藤恭孝記者
期待以上に多くの方に集まっていただいた「もやカフェ」。うかがった「もやもや」は、将来の進路から交通問題まで多岐にわたりました。どの問題も簡単に解決策がでるわけはなく、私たちが画期的なアイデアを提示できたわけでもありません。ただ多くの参加者から、「これだけ様々な立場、年齢の人と話す機会ってあまりないので楽しかった」と言われたのが印象的でした。
私たち記者の仕事は、いろいろな人に会うことなので、忘れがちなのですが、多くの人にとって、知らない人とじっくり話す機会自体がかなり貴重。その機会から、新たな気付き、新たなエネルギーが生まれるかもしれません。
今回のイベントが、当面の「回答」は得られなくても、そうした将来の種をまく場になればと思います。

さらに取材テーマ募集!

プロジェクトメンバーからお知らせです。ナットク!とかちchは、皆さんからの投稿をもとに取材し解決策を探る「課題発見・解決型」ニュースプロジェクトです。次なる取材テーマも随時募集しています。

「これどうなっているの?」「こんなこと調べてほしい!」、その疑問をNHK帯広放送局の4人の記者がすぐに調べます。日頃の生活で感じる身近な疑問や困りごとをぜひ投稿してください。

投稿メールはこちらから

ナットクとかちchホームへ



関連情報

「奨学金を考える」に投稿いただきました #ナットクとかち

十勝チャンネル

2019年8月21日(水)午後1時46分 更新

十勝で感染急拡大 現状は #ナットクとかち

十勝チャンネル

2020年11月11日(水)午後5時00分 更新

私 困ってます 新型コロナウイルス #ナットクとかち

十勝チャンネル

2021年10月11日(月)午後4時00分 更新

上に戻る