NHK札幌放送局

『the Locals #北海道ピットインラジオ』放送しました!(Vol3)

札幌局広報・事業

2020年8月24日(月)午後1時30分 更新

2020年7月29日(水)午後8:05~9:55 ラジオ第1(北海道地方向け)で放送した『the Locals #北海道ピットインラジオ』の書き起こし“ほぼ”全文公開の第3弾です。
Vol1はこちら
Vol2はこちら
番組MCを担当した瀬田アナウンサーが放送後の思いをつづったブログ(#ローカルフレンズ26)はこちらから

====================
テーマ「だからローカルに生きる」

(瀬田)
北海道の各地域=ローカルの未来をみんなで語らう、NHK 北海道の新しいラジオ番組「the Locals 北海道ピットインラジオ」をお届けしています。
最後は今、地方の時代ととかくいわれていますけれども。そもそもローカルに生きるってどういう事なんだろうか。そのあたり皆さんと共有していきたいなと思うんですけれども。このテーマに入る上でこれまでにいただいているツイッターご紹介していきましょう。
(佐藤)
名塚ちひろさんから、「皆さんが描いている5年後10年後の理想の生き方を聞いてみたい。」といただきました。
(瀬田)
名塚さんは、実は「the Locals」のメンバーの一人で。私たちもふだんからたいへんお世話になっているんですけれども。確かにこれすごくいい質問だなと思ったんですけれども。服部さん、どうでしょうか。
(服部)
これから何かをやろうとする方々が、北海道でたくさんやれる土壌をつくれたらいいなと思っていて、微力ですけども。やっぱり私も同じぐらいの世代の時に苦労した経験とか、いろんなしがらみに負けたり、負けそうになったりっていう事は、今もたくさんあるので。その時には、少しでもそういうみなさんが活躍できる土壌になるように、この札幌でもやれる事っていうか。そういうところで戦える体力のある、活気のある人間になってたいなと思ったりしますね。

シメパフェを全国に広めるきっかけを作った方。飲食店、イベントやWEB、アプリに音楽ソフトなど、多岐にわたる事業を展開する会社で、北海道各地の企画を展開している服部亮太さん

(瀬田)
拓郎さんとか、蝦夷丸さんとかは結構、服部さんのそういうお兄さん的姿っていうのを、もう目の当たりにしてますよね。どうです蝦夷丸さん。
(絹張)
もう本当に、存在がありがたすぎて。いつも連絡もらうたびに手を合わせてます。
(瀬田)
やっぱり、こうやって同じ町じゃなくて、離れた場所からも応援してくれる人が実際にいて声をかけてくれるっていうのは結構大きいって事なんだね。ローカルで生きるって意味では。
(絹張)
かなり大きいですね。北海道でいうとそういう人が札幌にいてくれるのが大きいかもしれないと思いますね。札幌から上川に来て感じましたね。服部さんとつながりがなかったら、今ここでラジオに出てもいないし。すごい大きな存在ですね。
(瀬田)
札幌とつながる強さ。札幌にいる服部さんはどう感じていますか。
(服部)
私も今の会社の中で仕事して、その中で地域の事やったりしますけど。その中だからこそ動かせること。札幌にいてやれることとか、あると思うので。基本的には、地域の皆さんに教えてもらったり、一緒に楽しませてもらったりっていうので活力を得ながら、札幌で戦えることをやっていきたいと思っています。
(瀬田)
中西さんは、今の話聞いててどんな風に考えてますか。

道東のディープな情報を発信しているドット道東代表理事の中西拓郎さん

(中西)
自分の住んでる地域とか道東しかあんまり意識してないので、そういう中で服部さんからの声がけいただいて、今回のこういう機会も服部さんのおかげさまで出させていただけてるなと思っているので。こういうの僕「ローカルラッキー」って呼んでるんですけど。あんまり地方で、人がいないから。がんばっていると引き上げてもらえるっていうのを「ローカルラッキー」っていうふうに呼んでるんですけど。頑張ってるからこそ、思いがけないありがたい事にも巡り合わせてもらえてるんだなと思って。本当に感謝してます。いつもありがとうございます。
(服部)
聞いてる方に語弊があると困るので・・・私にブッキングの権利はありません(笑)
(中西)
出会いのきっかけを頂いたっていうところが。
(瀬田)
確かに私たちが出会ったのも、服部さんがいらっしゃったからというのはあるので。私からもありがとうございます。この理想の生き方っていうのについて他のお二人にもぜひお伺いしていきたいと思っているんですけど。今日スペシャルゲスト奈良美智さんはどうでしょう。5年後や10年後のその理想のご自身の生き方って今イメージされてる事ってあるんですか。
(奈良)
いや全くないです。
(瀬田)
そうなんですか。それは逆にあれですか。いつもこの近未来でも何かこうありたいとか、こういう理想があるっていうふうに思い描いて生きてるわけじゃないって事なんですか。
(奈良)
どちらかというと過去ばっかり見つめている方が多い気がして。そこからいろんな発見があるんで、僕は全く未来を見て生きていないタイプの人間だと思います。
(瀬田)
その過去を見つめる事で、もう少し言うとどういうふうな事にご自身の中でアクションにつながってくるというか、生き方に反映されていくのでしょうか。

スペシャルゲストで世界的に活躍されている画家の奈良美智さん

(奈良)
例えば。さっき道東の話をしたけど、それも自分の過去を見つめて出てきた事だし。過去を見つめると自分の過去だけじゃなく、いろんな事がリサーチできる。歴史の中にはいろんなものがあるから、今、何が流行っているからとか、だれ誰がどう言ってるからとかじゃなくて。過去の中にすごいヒントがたくさん隠されている。鉱脈みたいなもんだから、そういうものをもっと探していくと、何かポッと見えたりするかなといつも思いながら自分は生きてるから。あまり希望とか未来とか言われても、駄目なんだよな。本当申し訳ないけど。
(瀬田)
でもそれって、どっちもありますよね。理想や目標というのもイメージはしつつ、実際に奈良さんがおっしゃったとおり、自分の経験したもののなかでしか語れない事だったりとかありますよね。
(奈良)
未来とか理想とかそういう事は変わる、可能性がものすごくあるじゃないですか。でも過去とか歴史はもう変わらないもんじゃないですか。変わらないもののなかで確かなものを見つけていくと、それが次のヒントになるっていうか。みんなそれを聞かないで、未来ばっかいい感じに見て先走ったりして。そういうことよく地方で起こったりするんだけど。だから僕はあえて、未来とか理想像じゃなくて、本当に過去を見つめて明日何をすべきか。5年後じゃなくて、明日何をすべきかみたいな考えでいいんじゃないですかね。でも森づくりでは、5年とかじゃなくて、20年後30年後。自分が死んでからの事を考えて、森を作るんですよ。何かそういうスタンスも必要で。僕みたいな人間ばっかりだと、明日がやってこないから、いろんな人が集まってやるのがいいんじゃないですかね。
(瀬田)
コミュニティーっていう意味でいうとまさにそこですよね。
(奈良)
そうですね。コミュニティーはやっぱり小さいほど息が合って、小さいほど助け合えて、小さいほど意思疎通ができるんですよ。今までのローカル、北海道だけじゃなくて日本中のいろんなところ、あるいは近隣の韓国とか台湾とかいろんな国があるんだけど、やっぱり点と点を結ぼうとする人が多くて。外から誰か有名な人呼んでくるとかは、点と点なんですよ。でもゾーンとゾーン、地域と地域。例えば上川町と沖縄の波照間島を結ぶとか、地域と地域で交流していくと、そこでいろんな事が相乗効果的に生まれる。だから点と点の時代っていうのはもう考えなくて。ゾーンとゾーンみたいな事を考えていくといいんじゃないかなと、さっきの話を聞きながら思ってたけど。
(瀬田)
なるほど。ゾーンという視点で考えるとドッド道東の代表理事の中西さんが、道東という一つのくくり。インパクトを残すってすごく大事なことですね。どうですか拓郎くん、今の奈良さんの話を伺って。
(中西)
僕は今何か救われた気持ちというか。奈良さんが未来見なくていいというか、すごいうれしかったですね、それ聞けて。いや~もうわかんないな、先の事。でも目の前にやらなきゃいけないことがたくさんあって。
(奈良)
そうだよね。特に今のコロナ下の中では、そういうことのほうがいいじゃないかなと思うんだよね。未来のそういうことを考えれないじゃないですか、コロナ禍で。でもやっぱ過去にいろんなヒントが眠ってて、より確かなものが見えると思うんだよね。
(中西)
僕もオホーツク海側のオホーツク文化人っていう、今そこにすごく興味があって。いろんな本読んだりしているんですが、オホーツク海側が、世界で一番豊かな海であると言っても過言ではないっていうのが、読んでた本の一節が出てきて。そういうところに住んでいる、みたいな事は、今生きてる僕らにとっても何かすごいアイデンティティになるんじゃないかなって思っていて。そんな事って、今、全然意識できてないので、みんなここで生きている人って。それをどうみんなで共有していくことができるかな、という事を考えたりするんですよね。
(瀬田)
でも意外でした。中西拓郎くんが、ガイドブックを作っていたりとか、ある種そのいろんなものをかけ合わせて再編集するって、常にすごく先を見て活動していらっしゃる方なのかなって印象を勝手に持っていたんですけど。やっぱりそれだけではないっていうか、むしろ今、足元をしっかり見つめるっていう事の方が大事だっていう事なんですね。拓郎くんにとっては。
(中西)
そうですね。僕らにとってのあのガイドブックも新しくを紹介するっていうよりは、今までこうつないできた関係性とか、知ってた情報みたいなものを1つにまとめて、顕在化したいなみたいな事があったので。あらたに取材に行くという事じゃなかったんですよね。これまで持ってたものを、形にしたいなみたいな事が目的であれをつくったので。形に残していく事はすごく大事だなと思って、その時々の空気感をパッケージングしてということを意識して。今、それをやりたいなと思って作ったんですね。
(瀬田)
確かにそのかかわった人たちとか、その経験が確かに今お話聞いてれば、それが全てだなって本当に腹に落ちるなあと思ったんですけど。どうでしょう、上川町の絹張蝦夷丸さんは、地域おこし協力隊として上川町に移住して1年。この先の5年後、10年後って考える上では、いろいろ悩みもあるかもしれないですけど。どんな生き方を理想としてますか。

上川町の地域おこし協力隊で、次々に企画を繰り出すアイデアマン。今回の番組タイトルも考えてくださった超絶のハッシュタガー。絹張蝦夷丸さん

(絹張)
いやもう悩みしかないんですけど。僕は地域おこし協力隊としてきた時点で、最長で任期3年というのがもう決まっていたので、いやでも3年後は考えて生きなきゃいけない3年がスタートしたんですよね。その任期が終わるタイミングの事は、今考えながら意識しながら過ごしてはいるんですけれど。そんな中でもやっぱり奈良さんも拓郎くんも言ってたように。明日とか今やることありすぎて、あんまりちゃんと考えてる暇ないですね。もう本当に今、目の前の事やっていくことしかできてなくて。このままじゃやばいっていう焦りが、どんどん増しているという感じですね。どんどんその任期が終わる時が近づいてるのに、何の準備まだできてないなあ、どうしょうみたいな気持ちで焦りが募っているっていう感じですね。
(瀬田)
でも一方で、今を確実にこう一歩一歩前にさえ進んでいれば、その積み重ねの先に何かあるんじゃないかなっていう事を、皆さんの話を伺っていて感じました。奈良さん、そういう事ですよね。過去をしっかり見るっていう事って。
(奈良)
そうです。そういう事です。あのあまり理想主義に走らないで確実にできる事を100%以上やる。そういう時にヒントが降ってくるから、そのヒントを頼りにまた新しい事始める。そういう事じゃないかなと思います。
(瀬田)
奈良さんから、焦らなくていいんだよ。今一生懸命やればいいんだよって言われる事は、誰にとっても服部さんジ~ンと来る言葉ですよね。
(服部)
今聞いているみなさんも、出ているわたしたちも同じように思っていますよね。
(奈良)
ありがとう。でも30歳の時はまだ学生だったからね。34歳まで学生で全然社会に関わってなかったから。あまり偉そうな事を言えないなとか思ったりします。
(瀬田)
でも、そのあとすごく社会に敏感に、ビビットに。私の今日のNHK北海道のブログで社会派と勝手に書かせていただいたんですけれど。常にやっぱりその社会と向き合って言葉であったりとか、その作品を生み出してらっしゃるっていう印象がすごくあるので。そのあたりの情報収集っていうのは、やっぱりさすがだなと思いますけれどもね。
(奈良)
ありがとうございます。それも北海道とか東日本大震災のあとに、自分の生まれた「北」っていうもの。自分は北海道も東北もサハリン、千島列島も全部入れて「北」と呼んでて。北を見つめ直すこと。そこから生まれてきた事じゃないかなと思ってるけどね。自分の中でも社会性は。
(瀬田)
しみてますね、皆さん。
(奈良)
沖縄とか南の方は知らないから、どんなに大きな事を思っても、その思いの丈が深く入らないところってあるんですよ。でも北っていう何かその字を見ただけで、どんどんどんどん入って、もう分かる感覚ってのがあるんです、体に染みついた。うん。だから北が好きなんだなと思いますけどね。

スタジオの外から本番中の写真

(瀬田)
ここまでこのローカルについて、北海道についてみなさんの熱い思いを共有してきましたけれども。ここで今、それぞれどんなこと思ってらっしゃるのか。率直な思いをぜひお伺いしたいなと思うんですけれども。服部さんはここまで皆さんと話をしてきてどうですか。
(服部)
ホント全然時間足りないなって思ってるんですけど。今日、中西拓郎さんと絹張蝦夷丸さんが北海道から参加しますけど、もっといろんな地域の方の声をこういう場でみんなで話したいなって改めて思いましたね。
(瀬田)
確かにあの「the Locals」今10人の方が北海道各地のローカルプレーヤーとして参加していただいているんですけど。第2弾の撮影も行っていて。第2期のメンバーの皆さんにも今、少しずつ協力いただいているところです。本当に仲間が増えているんですよね。一方で今日ご紹介できているみなさんは3名だけということもありますので。もっともっといろんな方とお話ししてみたいですよね。
(服部)
そうですね。ツイッターで投稿して下さってる方もそうだし。聞いてないかもしれない方も、これからそういう輪に入って、何か一緒にみんなで悩みも共有できたらいいのかなと思います。
(瀬田)
今日、上川町の地域おこし協力隊として、後半でご自身の悩みも含めてお話しして下さった絹張蝦夷丸さんはどうですか。ここまで皆さんと話を進めてきて、今どんな思いを持ってますか。
(絹張)
拓郎くんとは、ふだんからよく連絡も取り合ってて、いろいろお話聞いてもらってたりしてるんですけど。まあ、服部さんとか奈良さんのお話を聞けて、本当に何か救われるというか、まだやれるなっていう、もうまさにピットインした感じでしたね。これからまた走りだせるなって感じですね。
(瀬田)
さすが、この北海道ピットインラジオを生み出した超絶ハッシュタガー。ありがとう。でも本当そうですね。まだやれるってそう思える事って実はすごくローカルできる生きる上では大切な事ですもんね。そのあたり、一番実感してるのは、ドット道東代表理事の中西拓郎さんじゃないかと思うんですけど。どうですかここまで話を進めてきて。
(中西)
そうですね。本当に2時間あっという間だったなっていう気持で。そして最後、奈良さんがお話しして下さった「北」っていうお話とか。やっぱり、そういうところに自分たちは住んでいるんだな、みたいな事をすごく実感しましたし、やっぱりうれしかったですね。そういう事を言って頂けるというのは、ありがたいと思います。今のピットインっていい伏線の返しを蝦夷丸くんがしてくれたんですけど。今日、奈良さんとお話しさせて頂ける事とか、こういうNHKさんにラジオださせていただけることとか。これ全部、何かローカルラッキーなんですよね自分にとって。普段はやっぱり大変なこと多くて、どうしようかなと悩む事がたくさんあるんですけど。たまに頑張ってるとこういうローカルラッキーが起こるので、何かそういう事は自分の手で起こせなかったり、イメージしてなかったりするものが、たまにあるので。何かそういう事を糧に、また頑張っていけるなって思っています。
(瀬田)
ここに参加しているが皆さん、そしてあのーリスナーの多くの皆さんもそうかもしれないですけど。本当にこう栄養補給をまさにして下さった、画家の奈良美智さん。どうでしょう、こういう北海道の若いプレーヤーの皆さんの声を聞いて今どんな思いをお持ちですか。
(奈良)
大丈夫だなと思ってますよ。地方で輝いている人を見るのが自分はすごく好きで、それを北海道に限らずどんな所行っても。考えてる人がいると、そこがふるさとみたいになっちゃうし、そこに子どもたちもそこで育ったところに帰るんですよ。カムバックサーモンじゃないけど。だから、輝いてる人たちがいるっていう事はすごくいいことだと思います。
帰りたいふる里が、そこに住んでいる子どもたちにも出来ていくし。都会に出て都会からどっか違うとこ行っても、自分のふるさとでこんなところだよっていろんなことを語れる、誇れるふるさとがある。街の大きさとか関係ないんですよ。文化的な事とか、そういうことも関係ない。なんか農産物でもいいし、何か誇れるものがある。そういうもの北海道に特にたくさんあると思うし。今日お話ししてくれたローカルプレーヤー、そういう人たちがいるってやっぱ、すごいみんなうれしいんじゃないかなと思いますよ。
(瀬田)
奈良さんにぜひご紹介したいローカルプレーヤーの皆さんたくさんいらっしゃるので。ぜひ今後とも、こういう枠組みのラジオがあったらまたご参加いただけるものですか。
(奈良)
今回参加したのは、みんなから呼ばれてるって聞いたからで。ホントただでも来てくれる人たちっていっぱいいるんで。お金出して人を呼ぼうと思わない気持ちで、本当に足元を見たら本当に北海道が好きな人たちはいっぱいいるんで。そういう人たちを探してこつこつと本当に足場を固める感じ。何かすごく言いたい事いっぱいあるんだけど、時間がないのでこれくらいにしておきます。だからまた来ます。
(瀬田)
やった!やりましたね服部さん。
(服部)
本当に中西さんとか、今回ちょっと実際お会いできてないので。実際にお会いできる日をちょっと楽しみにしたいなとは僕も思います。
(瀬田)
ぜひ、引き続きよろしくお願いしますとことで。ありがとうございます。

心にしみる言葉をたくさん頂きすぎまして、私はもうまとめることができません。一つみなさんと約束できるのは、また是非こういうラジオ番組やっていきたいなと思いますので、そのときには皆さんご協力お願いいたします。NHK北海道初の試み「北海道ピットインラジオ」今回はこれで失礼します。

====================
ラジオの”ほぼ”全文書き起こしは以上です。
放送後、奈良さんから画面越しに「ありがとう」のメッセージ。
これには絹張さんも思わず涙。
最後に出演者同士で再会を約束して、お別れをしました。

放送中はスタッフの私もNHK北海道の公式Twitterでツイートしたり、ハッシュタグの投稿を追っていたのですが、「#北海道ピットインラジオ」のハッシュタグ検索でリスナー皆さんが楽しんでいる反応を見るのがとても幸せでした。
リスナーの皆様が元気づけられ、勇気づけられる番組になっていたら幸いです。改めてご出演いただいた皆様、本当にありがとうございました!

スタッフ一同、次回の放送を企画中です!
次はどんなローカルプレーヤーの方々の話が聞けるか今から楽しみです(^^)

関連情報

自分もチャレンジャーになる。出会える居場所があったから。

札幌局広報・事業

2019年8月6日(火)午前10時30分 更新

NoMapsに登壇!「NHKスポーツ vs. eスポーツを…

札幌局広報・事業

2019年10月23日(水)午前11時00分 更新

「はじめの一歩を応援するコミュニティ」

札幌局広報・事業

2019年7月26日(金)午前10時55分 更新

上に戻る