NHK札幌放送局

海と森の魅力を新たな観光資源に~浜中町~

ぶらりみてある記

2022年1月6日(木)午後5時01分 更新

1月8日(土)のおはよう北海道土曜プラス、ぶらりみてある記は浜中町。
自然豊かな地に暮らす生き物と、町を盛り上げようとする人々に出会ってきました。
釧路局 寺井紀惠

霧多布岬で暮らす珍しい動物

まず訪れたのは、太平洋に突き出した霧多布岬。観光名所としても知られている場所です。
ここには、ほかでは見ることのできない珍しい動物がいるといいます。

それが、ラッコ。
100年ほど前に乱獲によって日本の海からは姿を消してしまったラッコですが、ここ数年、再び現れるようになったそう。
この日も、食事をした後のラッコが、波に揺られながら毛づくろいをしている様子を観察できました。

ラッコのことを考えよう

霧多布湿原センターでは、ラッコの形をしたクッキーを売り出しています。

かわいらしい親子ラッコのほかに、ウニや昆布など、地元の特産品をかたどったクッキーも入っています。
実は、ラッコは海産物を食べてしまうので、地元の漁師さんにとっては困った存在でもあるんです。

かわいらしくて人気のラッコ。ですが、一方で困った面もあるのだということを知ってほしいという願いを込めて、このクッキーを販売しているそうです。

浜中の木から作る新しい特産品

浜中町では、この地域ならではのあるものを使った特産品が産まれています。
作っているのは、地元出身のツアーガイドさん。
海からほど近い森の中を進んでいくと、規則的にトドマツの木が立ち並んでいる場所に出ます。

ここは、道東で頻繁に発生する霧を防ぐための「防霧林」です。霧の勢いを弱めてくれる、この地域ならではの林です。

このトドマツの枝葉が、特産品の原料になります。

とってきた葉や枝を細かく切って、ガラスの容器に入れ、沸騰したお湯から出る蒸気で蒸すと、香りのついた液体が出てきます。
この液体の上にたまった油が、エッセンシャルオイルなんだそう。
さわやかな匂いが心地よいオイルでした。

海にも山にもたくさんの宝がある浜中町。
豊かな自然を満喫できた旅でした。

2022年1月6日

放送予定
1月8日(土)午前7時30分
おはよう北海道土曜プラス
ぶらりみてある記

関連情報

世界遺産登録1年!縄文で巡る函館

ぶらりみてある記

2022年7月15日(金)午後4時10分 更新

あなたの知らない!?魅力が ~ニセコ町~

ぶらりみてある記

2021年11月26日(金)午後1時31分 更新

温泉だけじゃない!地元に根付く登別の牛乳~登別市~

ぶらりみてある記

2022年3月18日(金)午後2時18分 更新

NHKニュース おはよう北海道

NHKニュース おはよう北海道

道内の最新ニュースと、どこよりも詳しい気象情報で“北海道の朝”を生き生きと! 親しみやすく活気のあるスタジオから、北海道の今を映し出すリポートや中継、暮らしに役立つ生活情報、知って得する天気企画など情報満載でお伝えします。 また、プロ野球・日本ハムファイターズやサッカー・コンサドーレ札幌などスポーツ選手の活躍を紹介するコーナーや、気になる旬の人物に迫るインタビューなども。土曜日のワイド版「土曜プラス」は5分拡大。タイムリーなテーマを深く掘り下げる特集や、リポーターが道内各地を訪ね歩く「ぶらりみてある記」などの人気コーナーを継続する他、北海道各地の工芸品から生活用品、雑貨、食べ物まで“てしごと”のこだわりを紹介する「てしごと 北海道」、近代北海道を発展させた知られざる外国人たちに迫る「お雇い外国人」など新コーナーを拡充します。

上に戻る