NHK札幌放送局

癒やされたい ♨ あなたへ

ほっとニュース北海道

2020年12月18日(金)午後3時14分 更新

新型コロナウイルスの影響で大きく変わってしまった私たちの暮らし。その影響は人間社会だけでなくサルの日常にも及んでいると聞き、詳しく取材してみることにしました。
(取材・撮影 函館局 吉田翔カメラマン)
※このあとの放送予定 12月25日(金)おはよう日本

函館観光の人気者・植物園のニホンザル

国際観光都市の函館。函館空港からバスで8分ほどの場所に地元で人気の観光スポット、函館市熱帯植物園があります。今年で開園から50年。北国には珍しい南方の熱帯植物が多く展示されている一方で、園で一番の人気を集めているのは、、、なんとニホンザルなんです。サルは観光の呼び物にしようと開園の翌年から飼育を始めました。今はここで生まれ育った64匹のサルがいます。

観光客に人気なのは、サルへのエサやりです。園内では、サルの大好物でもあるビスケット状の栄養食を一袋100円で買うことができます。子どもから大人まで誰でも観覧席からエサを投げ入れてサルに与えることができます。
サルは、エサを持っている人を見つけると、手をパチパチと叩いて音を出したり、体を左右に揺らしたり、くるりとその場で回ったりして、ユニークな動きを見せます。自分のところにエサを投げてもらえるようにアピールをしているのです。そんなサルの愛らしい姿が人気を集め、園には国内外から多いときは1日1500人以上が訪れます。

コロナ渦で一変したサルの日常

しかし、今年は新型コロナウイルスの影響で、来園者が激減しました。3月は前年の8割以下にまで来園者数が落ち込み、緊急事態宣言が出された4月から5月にかけては、1ヵ月以上にわたる休園を余儀なくされました。その間、追いかけ回したり噛みついたり、サル同士のケンカがいつも以上に激しくなることもあったといいます。

長年、サルの飼育を担当してきたスタッフは「今まで大勢のお客さんが来ていたけどコロナウイルスのせいで今年はちょっと閑散としちゃって、サルも最初はあっけにとられたんじゃないかな、ちょっと寂しかったんじゃないかな」と話していました。

コロナ禍はサルにどんな影響を与えたのか。
飼育環境下の動物に詳しい専門家は、日常の変化にサルもストレスを感じる可能性があると指摘します。

日本動物園水族館協会 成島悦雄 専務理事
「野生から来た個体にとって、人とふれあうということは、ある意味ストレスになるが、動物園で生まれた個体は、お客さんがいることがもう日常で、いないほうが非日常になってしまうため、あまりにも静かすぎて、寂しさが出てきたり、気持ちがざわついたりすることが起こり得る」

植物園では、観光客からサルへのエサやりの機会が減った分、朝晩のエサの量を増やして与えています。近隣の農家やパン屋から、サルのために新鮮な野菜な果物、パンなどが無償で提供されているということです。

サルを癒やす“温泉”

サルが北海道の厳しい冬を元気に越せるよう、植物園では毎年12月から寒さの和らぐ5月上旬まで、サルのための温泉を用意します。
冷え込みの厳しくなった11月下旬、ことしはサルを少しでも癒やしたいといつもより早く温泉の準備が始まりました。

植物園は、実は北海道有数の温泉街・湯の川温泉地区にあります。湯の川温泉の泉質は、ナトリウムが多く含まれ保温効果が高く、湯冷めしにくく、心身をリラックスさせる効果があるといわれています。植物園の敷地内に温泉が湧いているため、湯の川の極上の湯を源泉掛け流しで使うことができるんです。

しかし、温泉を用意してもサルはすぐに入ろうとしません。
1度入ってもすぐに出てしまい、なかなか満足はしてくれません。
サルが好きな温度は39度前後。それよりぬるくても熱くても入らないそうです。
源泉の温度はおよそ65度。温泉を貯めるのにおよそ4時間。さらに4時間かけて植物園のスタッフが水を足しながらサルの好みの温度に近づけていきます。
サルは手や口を温泉につけて、ちょうど良い温度になっているのを確認すると、次々と入っていきました。

仲よく毛づくろいをしあったり、縁に手をかけて目を閉じて過ごしたり。なかにはジャンプして温泉に飛び込む元気のいいサルもいます。気持ちよさげな表情はまるで人間のようです。

観光客からは『温泉に入りたくなった』、『すごく癒されて今までのコロナの感じを忘れさせてくれる気持ちになりました』という声が聞けました。

コロナで不安や緊張が続く今だからこそ、温泉に入るサルの癒やしの表情は一層、見る人の心を癒やしてくれるのかもしれません。

2020年12月2日放送






関連情報

先住民族と明記 アイヌ新法成立 #アイヌ

ほっとニュース北海道

2019年4月19日(金)午後10時11分 更新

「ススキノ大学」開校!

ほっとニュース北海道

2021年4月14日(水)午後1時35分 更新

直木賞に西條さん(池田町出身)

ほっとニュース北海道

2021年1月22日(金)午後4時00分 更新

上に戻る