NHK札幌放送局

ドグーが行く!土偶編

番組スタッフ

2021年5月14日(金)午後6時23分 更新

こんにちは!突然ですが、私、「ドグー」っていいます。 いま、「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産に登録されることが期待されていますよね。 え?知らない?じゃあ、その魅力を、私ドグーが分かりやすくお伝えします!
 今回向かったのは北海道・森町です。

注目の「トリサキ土偶」って?

森町には、いま注目されつつある土偶が存在があるということですが・・・
紹介してくれるのは、森町教育委員会の片山弘喜(かたやま・ひろき)さんです。

こちらの事務所には、縄文人が食べていたとされるニシンの骨がついた土器や、いか飯にそっくりな形の土製品なども展示されています。

ドグー:「片山さん、人気の土偶はどこに展示されていますか?」
片山さん:「トリサキ土偶のことですね」

「トリサキ土偶」は高さ12センチ、厚さ2センチ。左手は欠けていて、頭部に猫の耳や鬼の角とも見える2つの突起がついています。

片山さん
「丸い目とうずまき模様が東北地方で多く出土している遮光器土偶に似ていることから、北海道と東北の交流を表していると考えられているよ」

土偶を発見したのは・・・

土偶が発見された鳥崎遺跡に案内してもらうとそこには人影が・・・
石岡位一さんと父の眞喜雄さんです。

石岡位一さん
「このあたりでは土器がよく見つかるっていわれていて、小学生の頃、友達と一緒に探して遊んでいたら、ちょうどこのあたりで友達が見つけたんです。当時は土器以外のものが出てくるとは思っていなかったから驚きました」
石岡眞喜雄さん
「今日もここら辺を探していたら何か出てくるかもしれませんね」

森町の方にとって、縄文はそれだけ身近な存在だということんだね。

ドグーが行く!縄文体験編~北海道松前町 はこちら


「北海道・北東北縄文遺跡群」に注目!

2021年、世界文化遺産への登録を目指している「北海道・北東北縄文遺跡群」は、北海道・青森県・岩手県・秋田県に点在する17の遺跡から構成されています。NHKでは、札幌・室蘭・函館・青森・盛岡・秋田の6局が総力を挙げてこの縄文の魅力を掘り起こし、さまざまな形で発信しています。

関連リンクはこちら
NHK北の縄文プロジェクトとは?

関連情報

3ROOMS 第3話 かっこいい隣人

番組スタッフ

2020年5月1日(金)午前11時00分 更新

自宅待機とマラソン

番組スタッフ

2021年9月8日(水)午後0時36分 更新

第5回 毛ガニとトウモロコシのクリームコロッケ #おうちで…

番組スタッフ

2020年8月3日(月)午前10時00分 更新

上に戻る