NHK札幌放送局

札幌市北区あいの里 ヒグマへの警戒続く 小学校は集団下校

ヒグマ情報

2022年4月20日(水)午後7時53分 更新

札幌市北区の住宅地で19日夜から20日朝にかけてヒグマのような動物が相次いで目撃されました。これまでに付近でクマの個体は確認されていませんが、警察が引き続き周辺を巡回するなど警戒にあたっています。

夜と朝にヒグマの目撃情報

警察によりますと、19日午後10時すぎ、札幌市北区あいの里4条2丁目で自転車に乗っていた女性が体長2メートルぐらいのクマのような動物が道路を横切るのを目撃し、110番通報しました。

さらに、20日午前8時前には1キロほど離れた北区あいの里2条6丁目で、登校中の小学生が子グマのような動物を目撃したということです。
現場は石狩川にほど近い住宅地で、周辺には幼稚園や小学校が点在しているほか、病院やスーパーなどの施設もあります。

警察や札幌市によりますと、これまでの現地調査ではクマは確認されておらず、足跡や体毛などの痕跡も見つかっていないということです。
警察は住民への注意喚起を続けるとともに、21日も周辺を巡回するなど警戒にあたることにしています。

現場付近の小学校は集団下校

札幌市北区あいの里の小学校では付近でクマのような動物が目撃されたことを受けて、子どもたちが集団下校するなどの対応がとられました。
目撃現場から650メートルほどの所にある「あいの里東小学校」では、全校児童およそ370人を下校させる際、保護者が迎えに来た児童は一緒に帰宅させ、そのほかの児童については教員らが見守るなか集団下校させる対応をとりました。学校の周辺では警察がパトカーで巡回して警戒にあたっていました。

1年生の児童を迎えにきた母親
「心配で迎えにきました。入学したばかりでこのようなことがあって驚いています」
5年生の児童の保護者
「学校の近くに住んでいますが、去年、東区の住宅地にクマが出たこともあり、怖いので迎えにきました。ようやく雪がとけたと思ったら次はクマの出没が起きてつらいです」

学校では21日の登校時間帯も教員らが通学路に立って見守ることにしています。

#ヒグマ 情報のまとめはこちら #市街地目撃情報まとめ

関連情報

旭川市東旭川町 ヒグマがトウモロコシ畑荒らす

ヒグマ情報

2022年8月2日(火)午後7時22分 更新

留萌市のクロスカントリーコースでクマ目撃 市が注意呼びかけ

ヒグマ情報

2022年2月10日(木)午後9時03分 更新

福島町 住宅近くでヒグマ目撃

ヒグマ情報

2021年10月29日(金)午前9時17分 更新

上に戻る