NHK札幌放送局

かかりつけ医にどんな役割が? #ナットクとかち

十勝チャンネル

2020年4月22日(水)午後0時05分 更新

「私困っています新型ウイルス」。ナットク!とかちchでは新型コロナウイルスをめぐる、十勝の皆さんの疑問やお悩みに答える放送を目指しています。
体調が悪くなった時に初めて行くのは地域のお医者さんです。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐのに、かかりつけ医がどんな役割を果たしているのか、取材しました。

発熱患者は入口を別に

十勝医師会の栗林秀樹会長は、池田町にある「くりばやし医院」の院長です。以前、新型インフルエンザに対応した経験を生かして、独自の取り組みを行っています。取り組みの1つが感冒外来の設置です。

外来の患者は通常の入り口から入ります。一方、発熱の症状がある人は事前に医院に連絡してもらい、外来診療が終わった後に、マスクと手袋を付けた状態で通用口から入ってもらい、診察を受けます。

くりばやし医院 栗林秀樹医師
「ここはふだん、会議室で使っている部屋ですが、臨時の診察室にしまして、ここは今、それしか使っていません」

血液中の酸素に注目

もう1つの取り組みが「パルスオキシメーター」です。指先にはめると血液に含まれる酸素の濃度を計ることができる装置です。数値が低くなってくると、肺の機能に問題が出てくることを示しているということです。

くりばやし医院 栗林秀樹医師
「新型コロナウイルスに感染した人は2割が肺炎を起こすので。特に重症例はほとんど肺炎ですから、肺炎をいかに早く拾い上げて、治療につなげるかが重要です」

必要な患者に貸し出し

医院ではパルスオキシメーターを必要な患者に貸し出しています。

くりばやし医院 栗林秀樹医師
「自分で簡単に測れますから、体温と症状と一緒に、この数値も僕らに教えてもらうことで、まだ家にいて大丈夫だよとか言える。あきらかに急速に下がっているときは、僕らが責任もって、高次医療機関に連絡をとって、即入院なりCT検査を受けられるように手配します」

大病院との役割分担は

栗林医師は、地元のかかりつけの医師と、高度な医療が受けられる大きな病院の役割分担が重要だと強調します。

くりばやし医院 栗林秀樹医師
「肺炎を早く拾い上げるところまではかかりつけ医を含めた一次医療機関の役割なんです。肺炎の患者さんはなるべく早く高次医療機関に転送するということが高次医療機関の機能も守りながら患者さんの命も救うということになるんだろうなと思っています」
担当した佐藤恭孝記者は
栗林医師の説明は非常に説得力がありました。私も含め、普通の人は自分が新型コロナウイルスに感染しているのかどうかが気になります。しかし、栗林医師は「気持ちはよく分かる」としながらも、「治療法が確立されていない今の段階では、新型コロナかどうかを判定するより、重症化しそうな人を早く見つける方が、かかりつけ医としては大事」と言います。こうした対応について、「きちんと説明すれば、患者さんも分かってくれる」とも。
この「きちんと説明」というのがとても重要で、おそらく多くの人が不安や不信を持つ背景には、こうした十分な説明を受けていないか、説明に納得していないことがあるような気がします。
医師は高度な教育を受けた専門家です。しかし、今のように社会に不安が広がっている状況では、医師が自分たちの言葉をできるだけ市民の言葉に置き換え、患者に対して一歩踏み込んだ説明をする必要があるのではと思います。

2020年4月21日の放送はこちら

投稿はこちらから

医療現場のご意見もお待ちしています

番組には視聴者のみなさんからさまざまな投稿が相次いで寄せられています。
番組は現在取材を進めています。是非、医療現場のみなさんからのご意見もお寄せください。

私 困ってます 新型コロナウイルス


関連情報

ワクチン接種どこまで進んだ? #ナットクとかち

十勝チャンネル

2021年6月3日(木)午後7時34分 更新

連合チーム(更別農業・士幌・大樹・広尾・幕別清陵) 5校は…

十勝チャンネル

2020年7月9日(木)午後4時00分 更新

心ぽかぽか十勝冬まつり「制作後記」

十勝チャンネル

2021年4月1日(木)午後3時49分 更新

上に戻る