NHK札幌放送局

「北海道の温泉」アフタートーク!

北海道まるごとラジオ

2020年11月24日(火)午後0時36分 更新

北海道まるごとラジオ、11月5日のテーマは「GO TO北海道の温泉」でした。 通常、放送時間は50分間なのですが、急遽9分間に変更。伝えきれなかったエピソードを「アフタートーク」として掲載します。

教えてトムさん!これからの季節、入浴の注意点は?

これから本格的な冬を迎え、部屋と風呂場の寒暖差が大きくなります。特にこの時期に気を付けたいのが、ヒートショックです。暖房の効いた部屋から脱衣所に移動する時など、寒さに対応するため血圧が上昇して、心臓や血管に疾患が起こります。高齢者の方は特に、若者と比べると血管が脆く、破れやすくなっているので注意が必要です。また、熱い風呂に入る場合も急激に血圧が上がって体に負担がかかります。トムさんは、特に高齢者は皮膚の老化によって温度を感じにくくなっているため、熱いお風呂を好むと感じているそうです。年間1万9千人の方がこのヒートショックで亡くなっています。
対策は、空気の温度を上げて、風呂の温度を下げる。温度差を縮めて体への負担を減らすということです。自宅ならば、脱衣室にストーブをつける、床や壁にシャワーを当てて浴室内を温める、お湯の温度を1、2度下げるなど様々な工夫ができます。
では、露天風呂に入るとき。大事なのは水分補給です。入浴中はどんどん水分が奪われていきます。トムさん曰く、お風呂から上がった後に水分を捕っても、手遅れになる可能性があるそうです。おすすめは、入浴前15分前ぐらいにコップ1杯分の水分補給を済ませること。ビールは利尿作用が大きいで、あまりおすすめできないそうです。ほかにも、お湯に浸かる前のかけ湯も効果的です。

さらに詳しい内容はこちらから!


続いて、道内各地の温泉の紹介です。

美しいゲストと混浴できる温泉!?釧路放送局・楠原彩加キャスター

楠原キャスターが紹介してくれたのは、屈斜路湖の湖畔にある露天風呂、コタンの湯。屈斜路湖との距離はおよそ1メートル!入浴すると、まるで湖に浸かっているかのような目線になります。さらに、湖には白鳥が飛来するので、白鳥と混浴しているような気分になれるのもポイント。白鳥を眺めながらの温泉は格別です。
この温泉を作ったのは町民の方。この町に来てくれた人に感謝をして、温泉が50年先も続いてほしいという思いで管理しているそうです。また、手作りの笛を演奏するなど、お客さんに楽しんでもらう工夫をしています。
入浴は無料で24時間営業しています。今月(11月)から4月までは毎週金曜日の午前9時~午後2時の間は清掃のため入れません。男女分かれていますが、実質混浴のような形なので、タオルを巻いたり水着での入浴も可能です。
弟子屈町役場商工観光課・電話015-482-2940までお問い合わせください。

さらに詳しい内容はこちらから!


行くなら今がチャンス!道北の名湯 旭川放送局・山田朋生アナウンサー

山田アナウンサーが紹介してくれたのは、上川町の層雲峡温泉。旭川市から路線バスでおよそ2時間。バスを降りると渓谷の雄大な景色が広がっています。カナダの山岳リゾートをイメージして作られた温泉街は、三角屋根、真っ白な壁に茶色の窓枠、とんがり屋根も茶色。全体が統一されています。
源泉は80度くらい。弱アルカリ性の単純硫黄泉ですが、硫黄の化合物の香りはほとんどありません。一度温まると冷めにくい、泉質が柔らかいのが特徴です。また、露天風呂から見える絶景もポイント。目の前に広がる断崖絶壁は圧巻です。この時期はオフシーズンで、平日は比較的空いているので、訪れるなら今がチャンスです。
また、プレミアム付き商品券が層雲峡の地区内で販売されています。今月から来年の1月いっぱいまでの期限で、商品券とGO TOトラベルキャンペーンを組み合わせると、半額ほどで泊まることが出来る施設もあるそうです。雪が降り始めるとスキーも始まります。温泉街のすぐそばに、ロープウェイ乗り場があり、パウダースノーが魅力の黒岳スキー場があります。

さらに詳しい内容はこちらから!


道内最古の温泉!知内温泉 函館放送局・上野速人アナウンサー

函館放送局の上野アナウンサーから、北海道最古の「知内温泉」の魅力の紹介です。

函館から車で1時間あまり。青函トンネルの入口がある知内町の唯一の温泉宿です。
歴史は、800年ほど前に遡ります。鎌倉時代、時の将軍、源頼家に命じられた家臣が砂金を掘っていた時に発見したとされています。

浴場のドア開けると湯気に包まれ、茶色がかった石に囲まれているので洞窟のような雰囲気です。 

そして、この温泉、歴史があるだけじゃないのです。おすすめポイント紹介します!
まずは、“かけ流し”“加水無し”“加温無し”。写真の男湯では、源泉からパイプを通して、浴槽に滝のように流れ落ちてきます。日本温泉協会から最高レベルの天然温泉との評価を受けました。

続いてのポイントは泉質。実は、この知内温泉、敷地内に5本の源泉があります。主成分は一緒で、大くくりで言うと炭酸水素塩泉ですが、細かい性質は違います。2か所の浴場のうち、「上の湯」の男湯は塩泉。ちょっとしょっぱい。すぐ隣の女湯はミョウバン泉。肌にいいとされ女性に人気です。「下の湯」は鉄鉱泉。リューマチや筋肉痛にいいとか。常連の中には、肌の調子が悪いと「上の湯」。体が疲れたら「下の湯」と使い分けている達人もいるようです。

最後に、もう1つ。露天風呂の風景。 

この時は、紅葉。冬になると雪景色。上空には天の川がはっきり見えるという最高のロケーションです。露天は混浴なので、友人・家族で楽しんでみてはいかがでしょうか。
歴史だけじゃない「知内温泉」の紹介でした。

【こちらは中継を予定していたため、音声がありません。。。涙】

※温泉を楽しむ際は、新型コロナウイルスの感染対策をしっかり行うようお願いいたします。

2020年11月24日

次回の北海道まるごとラジオもお楽しみに!


関連情報

北海道まるごとラジオ 放送記録▼2020年5月28日

北海道まるごとラジオ

2020年6月5日(金)午前10時38分 更新

7日(木)うんちく「キツネ」ビフォアートーク!

北海道まるごとラジオ

2021年1月5日(火)午後6時13分 更新

「縄文沼」へようこそ!6月17日の北海道まるごとラジオは縄…

北海道まるごとラジオ

2021年6月16日(水)午後3時00分 更新

上に戻る