NHK札幌放送局

2021年度のヒグマによる死傷者最多の9人に 道が注意呼びかけ

ヒグマ情報

2021年7月29日(木)午後9時05分 更新

道は今年度に入ってからのヒグマによる死傷者が9人となり、統計が残っている1962年度以降最多となったと発表しました。道では「野山には1人で入らないなど対策をして危険を避けて欲しい」と注意を呼びかけています。

道内では7月12日に、滝上町で横浜市の69歳の女性が頭から血を流して死亡しているのが見つかり、道はケガの様子や周辺でヒグマの痕跡が見つかったことなどから、ヒグマに襲われて死亡した可能性が極めて高いと発表しました。

このほか道内では、4月に道東の厚岸町で山菜採りのために山に入っていた男性がヒグマに襲われて死亡するなど、2021年度に入ってあわせて3人が死亡、6人がケガをしています。
ヒグマによる死傷者が9人にのぼるのは1964年度の8人を上回って記録が残る1962年度以降、最も多くなったということです。
道は「身近なところでもヒグマに会う可能性があるので野山には複数人で入って、音を出しながら歩くなど危険を避ける対策をしてほしい」と注意を呼びかけています。

2021年7月29日放送

関連情報

羅臼町の住宅近くにヒグマ出没 ハンターが発砲も逃げられる

ヒグマ情報

2021年9月10日(金)午後0時41分 更新

道央自動車道 苫小牧〜白老 クマ出没で約4時間半通行止め

ヒグマ情報

2022年8月5日(金)午後6時30分 更新

滝上町でハンターがクマに襲われる

ヒグマ情報

2022年7月6日(水)午前8時00分 更新

上に戻る