NHK札幌放送局

「権利の明記ない」"アイヌ新法"取り下げ 訴える #アイヌ

ほっとニュース北海道

2019年3月5日(火)午後6時54分 更新

アイヌ民族を先住民族として初めて位置づけた政府の法案をめぐり、アイヌの人たちや研究者などでつくる道内の市民団体が1日、記者会見し、「アイヌが持つ権利が明記されていない」などとして法案を取り下げるよう訴えました。

政府は、アイヌ民族を先住民族として初めて位置づけたうえで、アイヌ文化を生かした地域振興策を行うための交付金の創設などを盛り込んだ法案を先月閣議決定し、早期の成立を図りたい考えです。
こうしたなか、アイヌの人たちや研究者などでつくる北海道の市民団体「アイヌ政策検討市民会議」が1日、東京・千代田区の日本外国特派員協会で記者会見し、「国際的な基準では先住民族には伝統的に所有してきた土地や海、川などに対する優先的な権利がある」と指摘しました。
そのうえで、市民団体は「地域にもともと住んでいたアイヌが持つ『生活する権利』などに関する条文が何一つ、見当たらない」などとして、法案を取り下げるよう、訴えました。
法案をめぐっては、政府のアイヌ政策推進会議に参加した北海道アイヌ協会からは「共生社会を建設する第一歩だ」などと評価がある一方、アイヌ民族個人への生活支援などが盛り込まれていないといった指摘も出ています。

(2019年3月1日放送)

関連情報

全文:新型コロナウイルス感染症対策の見解

ほっとニュース北海道

2020年3月3日(火)午後3時52分 更新

「稚内だから」なんて言わせない web

ほっとニュース北海道

2020年1月27日(月)午後8時00分 更新

デリバリー代行します web

ほっとニュース北海道

2020年11月16日(月)午後4時00分 更新

上に戻る