NHK札幌放送局

ひるナマ+『冬に負けない体作り~正しいラジオ体操』

ひるナマ放送記録

2020年12月21日(月)午後4時22分 更新

コロナ対策や寒さが厳しくなってきた為に、外出の機会が減り体を動かす事が少なくなっていませんか。そんな時に手軽に体を動かせる、おススメの体操が「ラジオ体操」。「ラジオ体操」の第一は、全部で13の動きで構成されています。たった3分11秒の運動ですが  正しく行うと、特に大きな関節、肩、股関節をしっかりと使え、健康にとって大事な足腰の筋肉へ、まんべんなく刺激を与える全身運動です。肩こりなどの体の不調にも良いと言われています。大きく動いてもらいながら正しい姿勢で行う事が大切です。  正しくやれば、最も身近で体力アップや健康増進につながる健康法です。その正しいやり方を、今の時期ならではの、テーマにそって13の動きの中からおススメの  動きを3つ教えて頂きました。 

寒さにより、肩に力を入れて歩く、お家時間も増え、携帯やパソコンなどの作業で、肩こりが気になる。そんな方におススメなのが1つ目のテーマ。

①「肩こりよ おさらば」

 ・3番目に行う「腕を回す運動」= 肩のまわりの筋肉を使います。

★ポイント
・肘をしっかりと伸ばす。
・耳の側を肘が通るようにする。

■肘を伸ばせない人は、無理せず肘を曲げても良いです。必ず頭の近くで腕をクロスさせる事を意識して行いましょう。

② 雪道なんて怖くない~足腰強化!

冬道は、転ばないように足腰の強化が大切です。11番目に行う「両脚で跳ぶ運動」=足腰が弾むことで鍛えられます。

★ポイント
・手はあまり上げずリズミカルに弾む。
・大きく足を開くと、使う筋肉が増える。

■弾めない方は、四股立ちをしましょう。膝をゆすってから5,6,7,8で大きく足を開きます。

③「胃腸 疲れ知らず」

年末年始は、暴飲暴食が増え、胃腸も疲れる時期です。5番目に行う「体を横に曲げる運動」=消化器官の働きを促します。

★ポイント
・体を倒しすぎない。
・少し反動をつけ、わきの下、脇腹がしっかりと伸びている感覚で行う。

■真横がつらい場合は、少し斜め前に曲げます。

毎日行う事で体力アップや健康増進につながります。今回のテーマ3つの動きのように、ちょっとずつでも構いません。冬の寒さやコロナウイルス感染症などにも負けない体力作りをしていきましょう。

【講師】北海道教育大学スポーツ文化専攻 准教授
寅嶋 静香(とらしま しずか)さん。

放送日 2020年12月21日(月)


関連情報

ひるナマ+ コロナ疲れに癒やしを… 手作り万華鏡

ひるナマ放送記録

2021年2月25日(木)午後10時21分 更新

ひるナマ+「プロが教える!包丁のイロハ」

ひるナマ放送記録

2020年10月8日(木)午後6時36分 更新

ひるナマ+ アナログのゲームで子どもと向き合う

ひるナマ放送記録

2019年3月20日(水)午後1時00分 更新

上に戻る