NHK札幌放送局

「打球にグローブをあてろ」ビッグボス流 捕球術伝授

ほっとスポーツプラス

2022年2月5日(土)午後8時51分 更新

日本ハムの沖縄キャンプは5日から第2クールに入りました。新庄剛志監督は、外野手の守備練習で直接指導。打球にグローブを当てにいく捕球術を直伝です。

新庄監督は守備練習ではプロ4年目の万波中正選手など外野手を直接指導し、捕球から送球までの動きでは打球を待つのではなく、打球に対してグローブを当てにいくようにチャージして捕球するなど、みずからの経験をもとに身ぶり手ぶりを交えて指導していました。

一方、ブルペンではベテランの宮西尚生投手や佐呂間町出身の玉井大翔投手などのピッチングを視察し、審判の後ろに立ってボールを見たあとアドバイスを送っていました。
玉井投手が投げている際にはバッターボックスの近くに立ち、バッターの目線でボールを確認していました。

新庄監督から直接指導を受けた万波選手は「これまでやってきたボールへのつめかたとは違って予想を上回っていた。新庄監督は現役時代に究極のことに挑みながらやっていたのかなと教わった内容からすごく感じた。うまくできなかった部分は段階的にステップアップしていきたい」と話していました。

関連情報

打順をくじで 阪神と練習試合

ほっとスポーツプラス

2022年2月12日(土)午後10時00分 更新

北海道日本ハム新庄監督 ビッグボス まとめ

ほっとスポーツプラス

2022年3月1日(火)午前9時00分 更新

スポーツ庁 室伏広治長官が臨時コーチ!?

ほっとスポーツプラス

2022年2月25日(金)午後1時22分 更新

上に戻る