NHK札幌放送局

松前町白神地区で道が調査 ヒグマ人身事故受け

ヒグマ情報

2022年7月16日(土)午後8時26分 更新

松前町で高齢の夫婦がヒグマに襲われ大けがをしたことを受けて16日、道の担当者などが現場を訪れて詳しい状況を調査しました。

松前町白神で、15日、畑仕事をしていた高齢の夫婦がヒグマにかまれるなどして頭や腕に大けがをしました。また、16日夕方にも同じ白神地区でクマが目撃されたということで警察が警戒を続けています。

夫婦が襲われた現場では16日午後、道の担当者や専門家が訪れて詳しい状況を調査し、現場周辺に残されたクマの足跡や体毛を確認したということです。
この現場からおよそ10キロ離れた福島町では2021年7月、70代の女性がヒグマに襲われて死亡する事故が起きていて、道は採取したヒグマの体毛のDNAを鑑定して同一のクマかどうか調べることにしています。

調査にあたった道立総合研究機構 釣賀一二三研究主幹
「今回と去年の福島町の被害はいずれも自宅に近い場所で襲われているので、自宅近くの畑作業であっても1人で行わないなど注意を払ってほしい」

2022年7月16日放送

ヒグマ情報
北海道のヒグマ情報をまとめています。
ヒグマカメラ
札幌周辺部のヒグマが生息する森の様子を定点で記録しています。

関連情報

羅臼町で「クマ端会議」ヒグマ対策を知る講座

ヒグマ情報

2021年11月22日(月)午後1時19分 更新

知床・斜里町の学校で ヒグマに遭遇した時の対処方法学ぶ 特…

ヒグマ情報

2021年7月7日(水)午後5時23分 更新

厚岸町の国有林に100頭超のエゾシカの皮や骨 解体後に投棄か

ヒグマ情報

2022年6月9日(木)午後7時34分 更新

上に戻る