NHK札幌放送局

アイヌの伝統の織物制作 浦河町 #アイヌ

ウピシカンタ

2020年7月30日(木)午後5時43分 更新

アイヌの人たちに伝わる伝統の織物の制作が浦河町で行われています。 

制作されているのは、ニレ科のオヒョウなどの木の繊維で紡ぐアイヌ伝統の織物「アットゥㇱ」で、いまでは作れる人が少なくなり、技術の伝承が課題になっています。
浦河町で制作に取り組んでいるのはアイヌ文化を研究している函館市の男性で、「浦河アイヌ文化保存会」の副会長を務める堀悦子さんが手ほどきしています。
材料はツルの木の繊維で作った糸で、男性はアイヌ伝統の織り機を使って縦糸と横糸を交互に織る作業を繰り返していました。

29日は3時間で20センチほどしか織ることができませんでしたが、ことし10月までに8メートルほどの長さの「アットゥㇱ」を完成させたいとしています。
堀さんは「繊維から糸を作るのはたいへんな作業で、時間もかかりますが素敵な反物が作れれば」と話していました。

2020年7月30日

ウピㇱカンタ あちこちで(アイヌ関連情報まとめ)

関連情報

AI×アイヌ #アイヌ

ウピシカンタ

2020年2月12日(水)午後5時48分 更新

イランカラㇷ゚テ 阿寒湖の森の案内人 #アイヌ

ウピシカンタ

2019年9月7日(土)午後0時06分 更新

アイヌ施策推進法 ~アイヌの森~ #アイヌ

ウピシカンタ

2019年6月27日(木)午後6時59分 更新

上に戻る