NHK札幌放送局

カーリング・藤澤選手に家族「思い切り楽しんで」

オホーツクチャンネル

2022年2月16日(水)午後6時00分 更新

カーリング女子日本代表で、スキップを務める藤澤五月選手の父親の充昌さんと姉の汐里さんが、チームのマネジメント会社を通じてNHKなどに応援メッセージを送りました。藤澤選手のふだんの様子などとあわせてオリンピックへのエールをお伝えします。  (北見放送局 新島俊輝記者)

Q。小さいころはどんな子でしたか。
充昌さん
「負けず嫌い。何か目標を設定するとひたすら頑張る。要領がよい。ごはんが大好き」
汐里さん
「家の中では自由奔放に過ごしている一方、学校ではシャイで優等生のような様子でした。運動に関しては、小さい頃から父がよく公園やテニスコート、スキーに連れていってくれましたが、わたしより何でも上手にできていたように思います。中学校、高校と同じ学校でソフトテニス部に所属しました。先輩に可愛がられるタイプでした」


Q。家族からの呼び名、あだ名を教えてください。
充昌さん「さーちゃん」
汐里さん「さつき」


Q。家族としてカーリングに集中してもらうためにサポートしたことはなんですか。
充昌さん
「小中高までは送り迎え。技術指導。作戦指導。合宿、遠征等での引率。大会等での監督・コーチ。高校卒業後は、電話やSNS等でアドバイス」
汐里さん
「特にないです。むしろ日本選手権で負けたあとに「なんで負けたの」と聞いたら怒られてしまいました」


Q。実家ではいつも何をして過ごしていますか。
充昌さん
「筋トレ、ランニング、料理、アロマテラピー検定の勉強」
汐里さん
「私が実家にいる時期にびっくりしたのは、朝の目覚めからルーチンワークでヨガを続けていたことです。他にも自由時間に自転車でのトレーニングに行ったり、アロマの勉強などもしていました。小さい頃から“自分で決めたことを続ける”ことは得意だったように思いますが、しっかりしているなと感心しました」

Q。好きな食べ物、遠征などから帰ってくると作るメニューなどはありますか。
充昌さん
「お寿司、手巻き寿司」
汐里さん
「うちではお祝いごとがあると決まってお寿司だったのですが、海外遠征中もお寿司が食べたくなるようです」


Q。2018年のピョンチャンオリンピック後の本人の変化や成長はありますか。
充昌さん
「個人でプレイヤーを視察にカナダに行くなど。さらにトップ選手のプレー(ネット配信)をよく見るようになった」
汐里さん
「本人はその前から意識しているのかもしれませんが、私が思うのは、常に見られていることを意識した振る舞いをするようになったことです。取材や会見などが日常になったからだと思いますが、日常生活でも意識しているように思います。それも苦ではなく自分から楽しんでエネルギーに変換しているようです」


Q。ピョンチャンオリンピック後、メダリストとしての重圧も大きかっただろうと思いますが、選手がご家族に本音を語ったり、苦悩したりしている様子はあったでしょうか。
充昌さん
「自分がメダリストであることを誇りに思い、いろいろな場面で積極的に活躍していたと思います」
汐里さん
「その後の日本選手権、代表決定戦などはプレッシャーもあったと思いますが、五月は家族に対してもあまり弱音や苦悩を吐露するタイプではないです」


Q。これまでしてくれた最大の親(姉)孝行はなんですか。
充昌さん
「大きな病気やけがをしないでいてくれているところ」
汐里さん
「うれしかったのは、昔、私が風邪をひいたときに、五月がマスクをしながら食べ物や飲み物を一人暮らしの家に持ってきてくれたことです。当時から手洗いの励行など厳しかったのですが、今なら絶対に風邪気味では会ってくれないでしょうね」


Q。これまでの最大の姉妹喧嘩はいつ、どんなものでしたか。
汐里さん
「学生時代、よく五月の物や洋服をこっそり借りては怒られていました」


Q。ご自身もカーラーである充昌さんは戦術のことや技術的なこと、いわゆる“カーリング談義”を家庭内でもするのでしょうか。するとすれば具体的にどんな感じなのか教えてください。
充昌さん
「小中高校生の時は、よくしていました。高校卒業後は、戦術のことや技術的なことの話はほとんどしなくなりました。本人があまりしたくなさそうに感じます。私も現役プレイヤーなので、娘から最新の情報を知りたいのですが」


Q。五月選手が「世界に通用する」と確信したのは彼女が何歳くらいの時点でしょうか。その理由も教えてください。
充昌さん
「私は、小中併置校で勤務していたことがあるのですが、彼女が小学校の低学年の時、同学年の女の子と比べ運動能力がだいぶ違うなと感じていました。『世界に通用する』かもしれないと思ったのは、中部電力で日本選手権を連覇した時ですね」
Q。稚内で日本代表になった時、オランダで五輪出場を決めた時、泣いていた選手が多かったですが、家族の前で泣くことはあるのでしょうか。それはどんな時ですか。
充昌さん
「泣いている場面はほとんどみせませんが、日本選手権で道銀に負けた時は、その悔しさを十分に感じました」
汐里さん
「私は泣き顔は見ていないです。オランダでオリンピック出場が決まった直後、インタビューの前に家族に笑顔で電話をくれました」


Q。チームはカナダや欧州に滞在しっぱなしですが、年末年始、あるいは五輪に向けて家族でどんなコミュニケーションをとりましたか。
充昌さん
「SNSで動画付きのオンライン年越しやふだんからおしゃべりをしています」
汐里さん
「今年の元旦は私と兄と叔父と常呂神社に行って、五月にリモート参拝してもらいました。カナダではまだ年明け前だったと思いますが(笑)」


Q。北京五輪ではどんなプレーに注目、期待しますか。
充昌さん
「笑顔いっぱいのプレーを期待しています」
汐里さん
「長丁場ですので、必ずピンチの場面も来るとは思いますが、チームで声をかけあってチャンスを引き寄せてほしいと思います」


Q。テレビ中継で、五月選手の仕草や癖で姉にしかわからない見所があれば教えてください。
汐里さん
「私じゃなくても、顔に出やすいので調子の良し悪しはすぐわかると思います」


Q。五月選手へのメッセージをお願いします。
充昌さん
「思いっきりカーリングを楽しんでほしいと思います。そして、無事に帰ってきてほしいと思います」
汐里さん
「日本で全力応援しているのでがんばってください」

2022年2月16日

関連情報

蜂蜜"生絞り"体験!

オホーツクチャンネル

2021年7月19日(月)午後5時00分 更新

🥌ロコちゃんねる🥌

オホーツクチャンネル

2022年3月11日(金)午後6時00分 更新

新型コロナ オホーツク海側5月は月別最多に

オホーツクチャンネル

2021年6月9日(水)午後5時13分 更新

上に戻る