NHK札幌放送局

歴史に出会う旅 ~伊達市~

ぶらりみてある記

2022年6月3日(金)午後6時11分 更新

6月4日のおはよう北海道土曜プラスのぶらりみてある記は、伊達市。山と海に囲まれた自然豊かな場所ですが、実はすごく奥深い歴史をもつ町でもあります。その跡を訪ねてきました。(札幌局 堀若菜

1100年以上の歴史!有珠善光寺

まず訪ねたのは、有珠善光寺。1100年以上もの歴史があると伝えられています。お堂の屋根はなんと茅葺(かやぶき)。江戸時代に増築されたものだそうです。

有珠善光寺は「花の寺」としても有名です。石を割って天高くそびえるように見える「石割桜」やアジサイ、イチョウなど、1年を通して楽しむことができます。

私が訪ねた時も、こんなに美しい光景に出会うことができました。
満開のツツジです。
お堂の薄闇とピンクに輝くツツジのコントラストが、まるで襖絵のようですよね。

花に続いては、こちら。17世紀に建立されたと伝えられる灯籠のレプリカです。
よく見ると、キリスト教のシンボルの一つ、マリア像が彫られています。
本州から逃れてきたキリシタンが有珠善光寺を訪れて、安置したと伝えられています。
歴史の荒波の中で、異なる宗教に歩み寄る姿勢を守ってきたといいます。

次に訪ねたのは、藍の農家です。伊達の藍作りの歴史は古く、明治時代、徳島県から移住した人々が栽培を始めたことがきっかけだそうです。

私が訪ねた5月下旬は、このように緑色の苗の状態でした。

染料になるのは、こちら。

黒い土のようなものに見えますが、これが藍染の原料である「すくも」です。葉を刈り取ったあと、4か月ほど発酵させるとこのような色になるんだそうです。

訪ねた篠原一寿(しのはら・かずとし)さんの家では、幾多の危機を乗り越え、藍の生産を守ってきました。自ら藍染も手掛けています。私も藍染に挑戦させてもらいました。

果たして上手く染めることができたのでしょうか。できあがりはスタジオでお見せします!

放送予定
6月4日(土)午前7時30分
おはよう北海道土曜プラス
ぶらりみてある記

関連情報

十勝をぐるり!全長400㎞サイクリングコース

ぶらりみてある記

2021年9月17日(金)午後0時57分 更新

おいしさいっぱい“食”のまち~三笠市~

ぶらりみてある記

2021年11月5日(金)午後0時54分 更新

町をあげて 子どもを応援!~白糠町~

ぶらりみてある記

2022年6月17日(金)午後5時03分 更新

上に戻る