NHK札幌放送局

夕張メロンと新型コロナ

ほっとニュース北海道

2021年1月13日(水)午後3時43分 更新

新型コロナウイルスの感染拡大は、北海道が誇る、農業の担い手が 不足している実態を、改めて浮き彫りにしました。 (岩見沢支局 竹村知真)
※14日(木)のおはよう日本でも放送します。

しいたけ生産に取り組む技能実習生たち

胆振の白老町にある、しいたけ農場では、鍋用の需要が高まる年末年始に生産がピークを迎えます。作業を支えているのは、中国やベトナムからの技能実習生たち60人。実はこのうちの20人は、夕張市でメロンの栽培を行っていました。去年11月に帰国する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で、帰ることが難しくなり道内にとどまったのです。今は、国の特例措置を使い、在留資格を変更して、しいたけの生産にあたっています。

中国から来た女性は複雑な思いを抱えながらもチャンスとしてとらえたいと話していました。

中国からの技能実習生
「帰りたい気持ちはありましたが、こうした状況なのでしかたなく、とどまることを決意しました。いろんな農業に触れられるチャンスだと前向きにとらえて頑張ります」

双方にメリット

女性のことばのとおり、技能実習生たちにとっては、メロン栽培だけでなく、そのほかの農業も学べるというメリットがある一方、受け入れ側にも大きなメリットがありました。JA夕張では、去年、中国から68人の技能実習生を迎え、市内の農家でメロンの栽培にあたってもらい、無事に全国にむけて出荷することが出来ました。

しかし、新型コロナウイルスの影響で、ことしの受け入れは見通せなくなっていました。そこで、帰国が難しくなった27人に在留資格の変更を手助けしたうえで、夕張で作業がない冬場に、人手不足で悩んでいた白老町のしいたけ農場などで作業にあたってもらうことにしたのです。JAの担当者は、「来シーズンも一定の人手が確保できた」と、胸をなで下ろしたといいます。

受け入れ先となった、しいたけ農場を営む坂内重人社長も歓迎していました。

しいたけ農場 坂内重人社長
「自分たちもコロナの影響で技能実習生の受け入れがうまくいかない中、来てもらえることは、とてもありがたい。大助かりです」

技能実習生が支える夕張メロン

夕張市が全国に誇る特産品、「夕張メロン」。去年の生産額はおよそ20億円でした。ふるさと納税の返礼品としても人気が高く、令和元年度は、夕張市への寄付額の7割以上にあたる、およそ2億7000万円を集めるなど、市の財政にも大きく寄与しています。一方、生産はすべてが手作業で、人手が必要です。このため、技能実習生たちが、生産を支えているのです。

人手不足の課題浮き彫りに

新型コロナウイルスの感染拡大は、北海道の農業の、人手不足の実態を改めて浮き彫りにしました。夕張市で、父親の代から40年以上メロンの生産を行っている佐々木剛志さんは、毎年、中国からの技能実習生を2人ずつ受け入れています。全部で53ある農業用ハウスでの栽培は、80歳を超えた両親と自分だけではとても人手が足りません。技能実習生は、もはや欠かすことが出来ない存在となっています。

佐々木さんは、危機感を募らせています。

メロン栽培農家 佐々木剛志さん
「もし今後、技能実習生を全く受け入れられないという事態が起これば、メロンの品質に影響が出ないよう、出荷数を減らして、家族で出来る範囲で作っていくしかありません」

現場での対策は

生産現場も何もしてこなかったわけではありません。JA夕張では、メロンの栽培に携わってくれる人を増やそうと、おととしから市と協力して「農業サポーター」という制度を始めました。住宅を格安で提供し、全国から人を集めてメロン栽培にあたってもらう制度で、おととしは7人が集まりました。しかし、去年は、新型コロナウイルスの影響で人を集められず、参加したのは1人でした。

専門家は

今回浮き彫りになった実態について、地域経済学を専門とする、北海学園大学の宮入隆教授は、外国からの人材はもはや不可欠だと強調しました。

北海学園大学の宮入隆教授
「現在、技能実習生など、およそ3000人の外国人が道内で農作業にあたっています。もはや、その人たち抜きには北海道の農業は維持できない状況になっています。今後、人手をうまく確保できないという事態を避けるために、技能実習制度だけではなく、新たに出来た『特定技能』など、さまざまな在留資格を利用して、人手の確保に努める必要があります」

取材を終えて

夕張市は、炭鉱の閉山に伴い、人口が急激に減少しました。宮入教授によりますと、その影響は夕張メロンの生産も直撃。豊富にいたメロン栽培の担い手が、一気に減少したということです。人手の確保のあり方は、刻一刻と変化しています。今後も、地域が一体となり、考えていく必要があると感じました。

(岩見沢支局記者 竹村知真)

チェンジ トップページはこちら

関連情報

土地からの解放 web

ほっとニュース北海道

2020年11月18日(水)午前11時08分 更新

「権利の明記ない」"アイヌ新法"取り下げ 訴える #アイヌ

ほっとニュース北海道

2019年3月5日(火)午後6時54分 更新

どうする? 病床の"圧倒的不足"

ほっとニュース北海道

2021年1月21日(木)午前11時49分 更新

上に戻る