NHK札幌放送局

ひるナマトークスペシャル 『ドローンで北海道の農業を支えたい』

ひるナマ放送記録

2020年10月12日(月)午後6時29分 更新

ゲストはドローンパイロットの長岡未来(ながおか・みく)さん。

長岡さんは、異色の経歴の持ち主。
看護師として、10年間、札幌の大学病院で救急救命医療に携わります。

そこで、人の体を作るのは【食】だと実感。食を極める為、看護師を辞め【食】の勉強をする事に。
東京の学校に通い【健康食育マスター】の資格を取得されます。
10年間仕事に全てを費やしてきた為、自分の体と、しっかり向うき合う事もできたそうです。
「【食】の大切さを伝えたい!」その思いは、ますます強くなり、その為には発信力が必要だと考えた長岡さん。進んだ道はなんと「モデル」。
31歳でのモデルデビューは当時珍しく特集もされたそうです。

雑誌のモデルやテレビタレントをする事で発信力がつき「健康食育マスター」として食の大切さを伝える講演の依頼も増えました。

ある講演会で出会った農家さんが「高齢化や人手不足で悩んでいる」という声を聞いたことが、長岡さんをドローンパイロットの道へと導くことに。
たまたまTVで見た農業用ドローンの実用化のニュースを知り、
「北海道の素晴らしい美味しい食材を守りたい」「農家さんの助けになりたい」と常日頃から考えていた長岡さんの背中を押したのです。
農業用ドローンは、農薬散布・肥料散布などができます。
農薬散布(トラクターなど)では札幌ドーム3個分の19ヘクタールの田んぼで9時間以上かかってしまいますが、ドローンを使うと4時間でできるという事で、時間短縮・そして体力的にも楽になるため「これで農家さんの助けになれる」と確信し、35歳でドローンパイロットの道へ。
ドローンの資格・農業用ドローンの資格を取得。
こちらのドローンは全長1.5メートル程、真ん中のタンクには10Lの農薬が入り、散布します。

そこからは、高齢化や人手不足で悩んでいる農家さんの所に自ら足を運び、農業用ドローンの操作方法や便利さなどを伝えています。

農家さんにドローンの良さを伝える中で「まだまだ知らない事も沢山あるから、そうやっていろいろな人たちに伝えてね」と言われた言葉が嬉しく、そういう事がしたかったんだな…と改めて感じたそうです。「ドローン」はあらゆる可能性があると感じ、ドローンの講師になる資格も取得。初心者向けのスクールやドローンを導入したいと考えている企業向けのセミナーなども開き、魅力や可能性を伝えています。「仕事+ドローン」が広がることを願い、誰かの為になりたい!と言う強い思いでチャレンジし続ける長岡さん。「ドローン」で農業はじめ、あらゆる場面で、これから「人の役に立つドローン」として選択肢の一つになってくれたら嬉しいと語って頂きました。

【出演】ドローンパイロット 長岡未来さん

放送日 2020年10月8日(木)


関連情報

ひるナマトークスペシャル『レバンガ北海道始動!いざホーム開…

ひるナマ放送記録

2020年10月20日(火)午前10時24分 更新

ひるナマ+「おうち水族館!ボトルアクアリウム」

ひるナマ放送記録

2021年6月7日(月)午後6時52分 更新

ひるナマ+「プロが教える!包丁のイロハ」

ひるナマ放送記録

2020年10月8日(木)午後6時36分 更新

ひるナマ!北海道

ひるナマ!北海道

北海道にとことんこだわるゲストのトークと役立つ生活の知恵を伝える情報番組。 道内各地から“魅力的な北海道人”を札幌のスタジオにゲストとして招き、地域の情報や季節の話題、生活に役立つ知恵を生放送でお伝えします。毎日、気象予報士が出演して道内各地の気象情報をわかりやすく伝える他、各地域の魅力を全道各局のリポーターが発信します。 番組では皆さんからのお便りを募集しています。 ゲストへの質問や応援メッセージは、このページに表示されているバナーをクリックしてご投稿ください。 皆さんの日常のちょっとした出来事、お住まいの地域の季節の話題などもお待ちしています。写真も受け付けています。 ※国会中継などのため、放送を休止することがあります。

上に戻る