NHK札幌放送局

ヒグマ目撃で閉鎖の大船遺跡 電気柵設置し10月から公開再開

ヒグマ情報

2021年9月28日(火)午後8時16分 更新

ヒグマが目撃されたため閉鎖されていた函館市にある世界文化遺産の構成資産、大船遺跡は、10月から一般公開が再開されることになり、安全のため周囲に電気柵を設置する作業が行われました。

「北海道・北東北の縄文遺跡群」のうち函館市の大船遺跡では、先月、管理棟からおよそ150メートル離れた林の中でクマが木を登っているのが目撃され、市は遺跡を閉鎖していました。

クマはその後およそ1か月にわたって目撃されず、足跡やふんなども見つかっていないため、市は来月1日から一般公開を再開することを決め、28日はクマが侵入できないよう新たに電気柵を設置する作業が行われました。
電気柵は遺跡の周囲およそ250メートルに設置され、函館市や渡島総合振興局の職員などが杭を打ち込んだあと、電線を張るなどしていました。
遺跡ではこのほか、クマを近づけないためのサイレンを1日5回鳴らすほか、スタッフの巡回も強化するということです。
函館市文化財課の長谷山裕一課長は「安全に見学してもらえるよう対策をしているので、緊急事態宣言が解除されたあと見学に来てほしい」と話しています。

関連情報

ヒグマ「目撃件数」が過去最多

ヒグマ情報

2022年5月6日(金)午後0時08分 更新

森町 ビート畑 250平方m荒らされる ヒグマ被害か

ヒグマ情報

2022年7月29日(金)午後0時34分 更新

ヒグマに襲われる事故で死傷者12人 過去最悪

ヒグマ情報

2021年12月30日(木)午後9時43分 更新

上に戻る