NHK札幌放送局

札幌市 藻岩山の登山道にヒグマ出没

ヒグマ情報

2022年4月17日(日)午後6時22分 更新

17日午後、札幌市の藻岩山の登山道でヒグマの出没があり、警察が登山客や付近の住民に注意を呼びかけています。

17日午後1時20分ごろ、札幌市南区にある南区自然歩道藻岩山ルートの市民スキー場入口から1.5kmの地点で、クマを目撃したと登山客の男性から警察に通報がありました。

警察によりますと、目撃されたクマは体長が1メートルほどで、下山中だった男性の目の前で登山道を横切り、すぐに姿が見えなくなったということです。
男性にけがはありませんでした。
警察は、ほかの登山客や付近の住民にクマの出没を知らせて注意を呼びかけています。
一方、登山道を管理する札幌市は、藻岩山一帯がもともとクマの生息域であることから登山道を閉鎖する措置はとらず、注意喚起の看板を設置して登山客に警戒を呼びかけるということです。

ヒグマ情報 まとめはこちら

関連情報

牛4頭がクマに襲われた厚岸町の牧場で牛の移送作業進む

ヒグマ情報

2021年8月18日(水)午後7時36分 更新

北海道が新十津川町・滝川市・砂川市の2市1町にヒグマ注意報

ヒグマ情報

2022年6月8日(水)午前8時20分 更新

苫小牧市でクマ2頭の目撃情報

ヒグマ情報

2021年6月19日(土)午後8時15分 更新

上に戻る