NHK札幌放送局

「君に見せたい縄文がある」伊達市編

番組スタッフ

2021年12月23日(木)午後5時38分 更新

道の駅で売られる「まが玉クッキー」を開発した高校3年生の佐々木あかりさん、縄文のPRに尽力している。 縄文人が持っていた温かい気持ちを“縄子高生(じょしこうせい)”の佐々木さんが伝えてくれます。

出演者・高校3年 佐々木あかり(ささき・あかり)さん

小学4年生から始めた書道をきっかけに、日本の歴史や文化に興味を持つようになった佐々木さん。学校ではグローバル科を専攻し、注目したのは世界遺産に登録された縄文遺跡。イベントで縄文の魅力をプレゼンしたり、地元の菓子店と共同して「まが玉クッキー」を開発するなど積極的に活動している。
今ではすっかり縄文女子高生の佐々木さん。家族を思う気持ちや使った道具などにも感謝していた縄文人の温かい想いに触れる。

見て!北黄金貝塚

「伊達市の遺跡は縄文人の温かい思いが詰まっているんだよ」

北黄金貝塚では5つの貝塚が見つかっている。中でもひときわ目を引くのが、長さが120mのでっかい貝塚!
(ホタテの貝殻を敷き詰めて再現したもの。)

「ここで問題!北黄金貝塚は高い丘になっているの。なんでだと思う?」

正解は!

「津波や災害から家族を守るために、高い場所を選んで住んでいたっていわれているよ」

伊達市の遺跡では、縄文人も家族を大切に思っていたことが分かるんだ。

見て!水場の祭祀場(さいしじょう)

「もう1つ貴重な場所があるよ、下をのぞいてみて」

と佐々木さんが指を指した場所の方をのぞいてみると見えたのは、いろんな形をした石。

ここでは、今でいう包丁やまな板など役目を終えた道具が供養されていたみたい。近くには6千年前から流れている湧き水があって、そこから流れている水は、水場の祭祀場につながっている。とても神聖な場所だったんだ。縄文人はすべてのものに命があると考えて感謝していたのかな。

縄文人のように感謝の気持ちや家族を思う気持ちをいつも持っていたな。

(真ん中の四角い石が石皿。まな板やお皿として使っていたみたい)

(近くには6000年前から流れていた湧き水も)

体験して!まが玉つくり

北黄金貝塚では“まが玉つくり”を体験できる。

まが玉は、自分の身を守るためのお守りだったと言われていて、実際はシカの角など硬い素材を使い1年以上かけて作っていたそう。ここでは、作ったまが玉をネックレスとして首から下げられるように作れるよ!どうだべ?いいんでないかい?

北黄金貝塚情報センター
0142-24-2122

食べて!縄文女子が作ったまが玉クッキー

縄文の魅力を発信しよう!と佐々木さんたち高校生が制作したのは“まが玉クッキー”

地元の菓子店と協力してつくった自信作。
パッケージや箱の中のデザインにもこだわっていて、箱を開けると縄文の情報が飛び出すようになっている。
これなら縄文のことを知らない多くの人に知ってもらえる。クッキーの味は、チョコレート味と縄文人の食料にもなっていたクルミ味。
道の駅や菓子店、サービスエリアで販売中!

体験して!自然を満喫 縄文料理もご提案

「自然を満喫しよう!」と訪れたのは、大滝地区にあるキャンプ場。まき割り体験や火おこし体験、たき火などもして少しだけ縄文人気分を味わえる。

通常は、グランピングを楽しむキャンプ場!縄文を盛り上げようとキャンプ場で美味しい料理を提供しているシェフが、番組特製の縄文料理を提案してくれた。縄文人が食材として食べていたであろう、どんぐり、シカ、貝類を使っているよ。
パワーがみなぎる縄文料理作ってみてね!

どんぐりクッキー

材料
どんぐり粉…200g
剥き栗…100g
剥き胡桃…150g
山芋…120g
塩…5g
水…100cc

1、剥き栗、剥き胡桃をミキサーにかけ細かく砕く。
2、砕いた剥き胡桃と剥き栗をドングリ粉とボールの中で合わせ、すった山芋、塩、水を加えてよくこねて丸くまとめる。
3、まとまった2を1つ30gずつ分け、好きな形に成型する。
4、170℃に温めたオーブンで約20分焼き完成。
※お好みでレーズンを入れても可。

エゾ鹿ローストビーフ

材料
エゾ鹿モモ肉…200g
塩…適量
サラダ油…少々

1、エゾ鹿モモ肉に軽く塩を振る。
2、フライパンにサラダ油を少々ひき、中火でエゾ鹿モモ肉を焼く。焼き加減はお肉のすべての面がこんがりと焼き色がつく位に約3分間焼く。
3、焼いたエゾ鹿モモ肉をアルミホイルに包み、さらに保温の為ふきん等でくるむ。
4、約1時間くるんだら、アルミホイルから取り出し、お好みでカットし、塩を添えて完成。

縄文鍋

材料
アサリ…200g
しじみ…200g
生鮭…500g
キノコ類…100g
生ワカメ…100g
塩…15g
水…1500cc

1、アサリ、しじみは塩水につけ砂出しをしておく。
2、お鍋に水を入れアサリ、しじみ、適当な大きさにカットした生鮭を入れ沸騰させる。
3、お鍋が沸騰したらアクをすくい、キノコ類、生ワカメ、塩をを入れ再度一煮立ちさせ味見する。
4、塩味が足りなければお好みで塩を追加し完成。
※キノコ類はお好みで「しめじ、なめこ、椎茸、舞茸等」を使用。


関連情報

「君に見せたい縄文がある」 青森 外ヶ浜町編

番組スタッフ

2021年6月28日(月)午後6時25分 更新

隻眼の老猟師

番組スタッフ

2021年10月14日(木)午後4時05分 更新

縄文に浸る特番 いよいよ放送!

番組スタッフ

2021年7月8日(木)午後5時58分 更新

上に戻る