NHK札幌放送局

100分de名著 知里幸恵「アイヌ神謡集」第2回は 「語られる物語」としての神謡

札幌局広報スタッフ

2022年9月9日(金)午後6時30分 更新

「銀の滴降る降るまわりに 金の滴降る降るまわりに」という美しいフレーズで始まる「アイヌ神謡集」。才能を惜しまれながらわずか19歳で世を去った知里幸恵さんが、アイヌ民族の間で謡い継がれてきた「カムイユカㇻ(神謡)」の中から13編を選び平易な日本語訳を付して編んだものです。 番組では、アイヌ文化研究者である中川裕さんを指南役に招き、「アイヌ神謡集」に新たな光を当てながら解説。知里幸恵没後100年の節目に、知られざる豊かなアイヌの世界観を明らかにしていきます。

知里幸恵“アイヌ神謡集” 第二回は9月12日(月)午後10:25 ~[Eテレ]

誰もが一度は読みたいと思いながら、なかなか手に取ることができない古今東西の「名著」を25分×4回で読み解く番組「100分de名著」
9月は、知里幸恵「アイヌ神謡集」がテーマです。

第一回では、「アイヌの世界観」をテーマに「沼貝」「キツネ」などの神謡を読み解くことで、あらゆる存在と共生するアイヌの豊かな世界観を明らかにしました。

指南役:中川裕(千葉大学名誉教授)…言語学者。著書に「アイヌの物語世界」「アイヌ文化で読み解く『ゴールデンカムイ』 」など。
朗読::木原仁美(知里幸恵 銀のしずく記念館館長)
語り:宇梶 剛士(俳優)


第二回 「語られる物語」としての神謡

【放送時間】9月12日(月) 午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】9月13日(火)午前5時30分~5時55分/Eテレ
 9月19日(月/祝)午後1時5分~1時30分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります、NHKプラスでも配信予定!

「アイヌ神謡集」は文字ではなく口承で伝えられたもので耳で聴くことで初めてその魅力を知ることができます。特に特徴的なのは「サケヘ」という特殊な言葉。「トワトワト」「カッパ レウレウ カッパ」等々それぞれのカムイの特徴を表す擬声語のことも多く、意味は不明です。しかし、謡う中で、リズムを整え神謡の芸術性を高めていく働きももっています。第二回は、耳で聴く「アイヌ神謡集」の魅力を浮き彫りにし、口承文芸の豊かな可能性を明らかにしていきます。

100分de名著 知里幸恵「アイヌ神謡集」
9月5日(月) 第1回 アイヌの世界観 
9月12日(月)第2回 「語られる物語」としての神謡 
9月19日(月)第3回 銀の滴降る降るまわりに
9月26日(月)第4回 知里幸恵の想い


第1回を見逃した方は再放送またはNHKプラスでぜひご覧ください!

配信期限:9月12日(月)午後10:49まで

〈再放送〉 9月12日(月)午後1時5分~1時30分/Eテレ


【知里幸恵さんに関する記事はこちら】

【アイヌに関するコンテンツまとめページはこちら】






関連情報

#北海道ピットインラジオ vol.2 アフタートーク

札幌局広報スタッフ

2020年10月8日(木)午後6時21分 更新

03/ KAMIKAWA  *the Locals  co…

札幌局広報スタッフ

2020年4月8日(水)午後4時00分 更新

03/ RISHIRI *the Locals conce…

札幌局広報スタッフ

2020年9月25日(金)午後2時22分 更新

上に戻る