NHK札幌放送局

新型コロナ ワクチン どう考える子供への接種

ほっとニュースweb

2021年11月11日(木)午後9時02分 更新

新型コロナウイルスの新規感染者数が低い水準で推移する中、改善している状態を少しでも長く維持するため必要とされているのが、若い世代などへのワクチン接種です。

現在の接種対象は、ファイザーとモデルナが12歳以上、アストラゼネカが18歳以上となっていますが、このうちファイザーが10日、厚生労働省に対象を5歳以上に拡大するよう承認申請を行いました。

12歳未満を対象にした承認申請は初めてで、厚生労働省は、ファイザーから提出された海外の治験のデータをもとに有効性と安全性を審査した上で承認の可否を判断することにしています。

市民の反応は

ファイザーが新型コロナウイルスのワクチンの対象をこれまでの12歳以上から5歳以上に拡大するよう厚生労働省に承認申請したことについて、札幌市内で話を聞きました。

70代の男性
「厚生労働省で大丈夫だと判断されれば、そこから接種するかしないかは本人の判断に任せればよいと思います」
5歳の孫がいる50代の女性
「ワクチン接種の対象を低年齢化させることで接種率を上げたいという意味では理解できます。ワクチンを打っていない人への配慮が進めば、年齢の幅を広くするのもありえると思います。一方、5歳の孫については心配があり、『打てるから打とう』という考えではなく、そこは家族と話し合って決めたいです」
5歳の子どもと公園を訪れていた40代の父親
「子どもにもワクチンを打たせようと思っています。インフルエンザのワクチンも打たせていますし、7歳の兄も含めて家族みんなで一緒に打ちたいと思います」
6歳と8歳の孫がいる50代の女性
「小さい子どもにワクチンを打たせるのは抵抗があります。高校生の子どももいますが、周りが接種したのを確認してから受けていました。副反応は今は大丈夫でも何年後かに悪い影響が出てくるかもしれないから、積極的には打てません。本当の情報を知りたいです」

アメリカでは態勢整った地域から接種

アメリカではファイザーのワクチンについて、CDC=疾病対策センターが今月2日、5歳から11歳についても接種を推奨すると発表し、アメリカ国内では態勢が整った地域から接種が始まっています。
CDCの推奨に先立って、アメリカのFDA=食品医薬品局の専門家の委員会は「接種の利益はリスクを上回る」という結論を可決しました。
FDAの資料によりますと、ファイザーなどの臨床試験の結果、38度以上の発熱がみられたのが1回目の接種の後で2.5%、2回目の接種の後で6.5%だったということです。
ファイザーは、安全性にも懸念は示されなかったと説明しています。

専門家「ワクチン接種の対象拡大必要だが…」

感染症学が専門の札幌医科大学の横田伸一教授は、「新型コロナウイルスへの感染を予防するうえで、ワクチンの接種が非常に効果があることが分かってきた。これまでワクチンを打てなかった世代に接種の対象を広げていくことが必要だ」としています。

横田教授
「子どもが感染しても、ほとんどが無症状や軽症であることが分かってきている。そうすると、ワクチンを打つメリットは大人ほどはないかもしれず、子どもの場合は、接種するかどうかの判断が非常に難しい。ワクチンの効果とリスクを理解したうえで接種するかどうかを判断してほしい」

すでに接種が始まっているアメリカの状況については、「具体的なデータはまだないが、副反応などで目立ったものはなく、ある程度、安全な接種が進んでいると解釈している」と話しています。

小児科医「子どもときちんと話し合って」

札幌市で、現在、12歳以上の子どもに接種を行っている「円山ため小児科」の多米淳院長は、「接種するかどうかは各家庭で判断すべきだが、大人だけで決めるのではなく、子どもともきちんと話し合うことが大切だ」としています。

多米淳院長
「まずは、ワクチンを打つメリットとデメリットを親がしっかりと理解してから、その年齢に応じた説明のしかたで子どもに伝えてほしい。分からないことはかかりつけ医にどんどん聞いてもらいたい」

多米院長によりますと、これまで行ってきた12歳以上の子どもへの接種では頭痛や発熱といった接種後の症状は「大人と大きな違いはない」ということです。

一方、5歳から11歳の子どもを対象に加えた場合の接種の態勢について、

多米院長
「よく知る医師のもとで話を聞いたうえで接種を受けたほうが子どもたちの不安感が減るので、医療機関での個別接種が望ましい」

政府・道の対応は

岸田総理大臣は10日夜の記者会見で、専門家の意見も踏まえ、12歳未満について、薬事承認ののちに、接種を開始すると説明しました。
道は、「承認されれば、接種の開始に向けて準備を進めたい」としています。

北海道 新型コロナウイルス まとめはこちら

関連情報

全国紙を辞めて厚真町へやってきた

ほっとニュースweb

2022年9月6日(火)午後3時47分 更新

改修工事で新発見 赤れんが庁舎100年の謎に迫る!

ほっとニュースweb

2022年5月19日(木)午後7時31分 更新

日本とウイグル、紡いだ絆

ほっとニュースweb

2021年7月7日(水)午後4時12分 更新

上に戻る