NHK札幌放送局

100万ドルの夜景が暗くなっている!?噂の実態に迫る シラベルカ#9

シラベルカ

2020年5月29日(金)午後2時50分 更新

みなさんの疑問を調べるシラベルカ!第9回目は、「函館の夜景が変化している」がテーマです。
国内でも有数の美しさだと評される、函館の夜景。その夜景が年々変わっているのではないかという声が市民から聞こえてきました。函館局の若手が総力をあげて取材中です。

取材開始!

今回、この問題に取り組むのは、函館市政担当の川口記者と函館生活8年目の太田カメラマンです。


函館の市民の声は

きっかけは新型コロナウイルスの影響て苦境にたった飲食店を取材していた時に聞いた、函館市民のこの言葉。

「函館の飲食店やホテルがどんどん閉まっていって、
函館の夜景が変ってしまっているのではないか、確かめてほしい」

街に出て聞いてみると・・・

「少し明かりが寂しくなっているのかな」
「節電とかもあるのかもしれない」
「ちょっと暗くなったかな」

どうやら、暗くなったと感じている人が多いようです。

専門家が多角的に分析中

そこで、函館の夜景の調査をしたことがあるという筑波大学の大澤義明教授に分析を依頼しました。

※画面下の3人が筑波大学のメンバー。左端が大澤教授。

筑波大学 大澤義明教授
「函館山は市街地の近くにあり、すぐそばから夜景を見下ろせるのが特徴。さらに、海岸線のくびれた湾が他では見ることができない夜景となっている。見た目だけの変化ではなく、科学的な情報を収集して解析したい」

大学院生を含めた3人の調査チームを立ち上げ、分析を進めていくと・・・。
函館の夜景は人口や空き家の増減などと密接に関わっているということがわかってきた。

さらに、夜景も新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受けていた。

その取材結果は・・・

6月1日(月)放送の
ほっとニュース北海道

での報告をぜひご覧ください!

取材中動画はこちら


シラベルカ トップページへ

関連情報

事故どう防ぐ?シラべました シラベルカ39

シラベルカ

2021年2月8日(月)午後7時56分 更新

道南の「茅部の栗林」の正体は? シラベルカ#27

シラベルカ

2020年10月23日(金)午後5時52分 更新

結果報告!仮説を検証してみた件 シラベルカ

シラベルカ

2020年4月8日(水)午前10時59分 更新

上に戻る