NHK札幌放送局

函館でホテル再開・開業相次ぐ 狙いは地元客 #道南WEB取材班

道南web

2021年4月27日(火)午後1時34分 更新

函館市では、春の大型連休を前に、旅館の再開や開業が相次いでいます。観光需要が落ち込む中、狙いは地元の人たちにいかに泊まってもらうかです。

老舗旅館が1年2か月ぶりの再開
4月中旬、函館市の老舗旅館「割烹旅館 若松」を訪ねました。函館の温泉街、湯の川温泉の中では最も古く創業は大正11年、ことしで99年になります。

去年2月、世界中で新型コロナウイルスの影響が本格化し始めたころ、函館空港など道内の空港で相次いで国際線が運休しはじめました。

宿泊客の半数以上が海外からの観光客だったこの旅館では影響が大きく、予約のほぼすべてがキャンセルになりました。


割烹旅館 若松 飛田貴宣 マーケティングマネージャー
「営業するにはやはり厳しい状況で、従業員の雇用も守らなきゃいけないですが、給料が払えなくなるし、関係取引先の方にもご迷惑をかけしてしまうと言うところもあったので、そこはかなり悩んだ末の休業という判断でした」。

およそ1年2か月の間、休業していましたが、いよいよ再開の日を迎えます。

旅館のスタッフを集めた朝礼。支配人がスタッフたちに「再び函館に若松の火をともすことができます。再開初日ということもあり、緊張していると思いますが、笑顔でお客様を迎えましょう」と呼びかけました。

厨房では、夕食に向けて職人たちが久しぶりに腕を振るい、温泉では隅々まで清掃を行っていました。再開初日の予約はわずか3組。それでも再開を待ちわびた人たちを気持ちよく迎えようと準備に余念がありません。

旅館では再開するにあたり、新型コロナウイルスの感染対策も講じました。

そのひとつが、新しく設けた貸切の露天風呂。およそ2メートル四方のひのきが使われた浴槽と洗い場が1つ。5畳ほどの脱衣場も併設しています。

感染対策として宿泊客どうしの接触を少なくするのが目的だということです。観光需要が落ち込む中、旅館ではまずは地元の人たちに宿泊してもらいたいと考えています。

割烹旅館 若松 飛田貴宣 マーケティングマネージャー
「創業から100年続いたものをやっぱり私たちで途切れさせたくないという思いも、強い思いの中でありました。今まで割と格式が高いと見てもらっていた旅館だったので、函館の方にも使っていただけるような、魅力ある商品作りというのは続けて、改めて地元の皆さんに使っていただけるような、愛されるようなそういう旅館であり続けたいと思っています」。

ホテルの開業が相次ぐも、観光需要は厳しく
大型連休を前に函館市内では宿泊施設の開業が相次いでいます。4月だけで市内に3つのホテルがオープンしたほか、今後開業を控えているホテルも複数あります。

一方で、春の大型連休中の観光需要は厳しい状況が続いています。

北海道新幹線の予約状況は新型コロナウイルスの感染拡大前、おととしと比べて2割程度にとどまっています。

また、函館湯の川温泉旅館協同組合と函館ホテル旅館協同組合の2つの組合によりますと、函館市内の宿泊施設では首都圏や関西圏からの予約はわずかで、ほとんどが道内客の予約だということです。

こうした中、函館市は4月から市内で宿泊した人を対象に1泊あたり1万円を上限に宿泊費の半額を補助する制度「はこだて割」を実施しています。現在は市民の利用に限定していますが観光需要が落ち込む中、宿泊施設を支援するのが狙いです。

地元客を取り込もう!
観光名所「函館朝市」のすぐ側に、今月オープンしたビジネスホテル、「東急ステイ函館朝市灯の湯」。最上階には函館湾を一望できる温泉が併設しています。

このホテルでは地元の人たちにも宿泊してもらおうと、立地条件を生かしたプランを打ち出しています。

函館朝市の飲食店、13店舗と提携を結びました。宿泊客はその中から好きな店を選んで朝食をとることができます。中には海鮮丼やラーメンなど、函館の名物を味わうことができる店もあります。

東急ステイ函館朝市灯の湯 川角龍矢副支配人
「ホテルとしては観光客の方ビジネスの方を当然狙っているものの、地元の方にもぜひご利用いただいて、楽しんでいただけるように非日常を楽しんでいただけるように頑張っていきます」。

函館市は、感染拡大地域への往来を控えるよう呼びかけるとともに、いつも生活をともにしている同居家族と楽しく過ごす場として、市内の宿泊施設を活用してほしいと呼びかけています。

函館市 山口綾 観光誘致課長
「今のコロナ禍の状況では、なかなかたくさんの方に来ていただきたいとは言えないような状況ではあるので、新しいホテルですとか、はこだて割があるとか、そういうことをきっかけに地元函館の魅力を再発見していただければなという風に思っています」

函館市内の宿泊施設の中には、地元の宿泊客を対象にお米などの土産付きのプランやほかの宿泊施設の温泉にも入ることができるプランを打ち出すところもあります。新型コロナウイルスの収束が見通せない中で、地元客の獲得競争が激しさを増しそうです。

取材:川口朋晃(函館放送局記者)
2013年入局、札幌局小樽支局を経て、2018年より現職。市政、経済、観光、選挙などを担当。趣味は温泉とサウナ。
「はこだて割を利用して湯の川温泉のホテルに1人で宿泊しました。自宅からは車でわずか15分。感染対策も考えて友人や同僚は誘わず、1人での利用でしたが、いつもと違う非日常感でゆっくりと休むことができました」。

(2021年4月21日放送)

道南地域のニュースが満載!
#道南WEB取材班 に戻る
NHK函館放送局トップへ戻る

関連情報

道南の懐かしの写真、募集します

道南web

2021年10月18日(月)午後2時35分 更新

地域に根ざして 安全を守る (星野亜依さん)#道南のチカラ

道南web

2021年5月10日(月)午後2時24分 更新

衆議院選挙2021 北海道8区 関連情報 #道南WEB取材班

道南web

2021年10月25日(月)午後2時47分 更新

上に戻る