NHK札幌放送局

『十勝の話題と音楽』聴き逃し配信中

神門 光太朗

2020年10月26日(月)午後2時34分 更新

こんにちは、NHK帯広放送局アナウンサー 神門光太朗です。
 10月22日(木)に放送した『十勝の話題と音楽』『北海道まるごとラジオ』を 現在、らじる★らじる聴き逃し配信中です。 
(10月29日午後7時まで)


メイン企画「行きたい!十勝のあの場所 会いたい!十勝のあの人」
4時台は……

あの場所は「帯広百年記念館」
私の散歩スポットでもある、緑ヶ丘公園にあります。

晩成社の幹部 渡辺勝と、妻のカネが書いていた日記。
帯広に入植して間もない1883(明治16)年のものが残っています。

勝が日記を書けない日に、かわりにカネが書いたとみられています。
「主人」と書いているのはカネの文字。

1934(昭和9)年にカネが使っていた日記帳には「DIARY」の文字。

「馬鈴薯ノ栄養パン」の作り方や、おいしい「梅干しノ秘伝」が書かれています。

学芸員 大和田努さん
「日記はかなり残っているので、私もまだ読めていないものがあります。だからこれから新たな発見があるかもしれません。史料を未来に語り継いでいくことは大事だと考えています」

渡辺勝とカネの日記は常設展示されていませんが、一部は活字化され、帯広市図書館などで読むことができます。

つづいて5時台のあの場所は「上士幌町三股」
ここにはかつて国鉄士幌線の終着「十勝三股駅」がありました。

国鉄の運転士として士幌線に乗務していた山井正弘さんに当時のことを聞きました。
山井さんの現在の勤務先は……

なんと! NHK帯広放送局の守衛室。
日ごろから職場内でコミュニケーションをとることは大事ですね。

神門 「今度、士幌線の話をするんだよー。JRに電話して当時の運転士さんを紹介してもらおうかなー」
広報O「守衛室の山井さん、国鉄OBだっておっしゃっていましたよ!」
神門 「ホントに―!?」

たったったったったっ  守衛室に走る神門……。

山井さん
「SLに機関助士として乗務していました。材木を多く積んだときには石炭を4トンも燃やすんです」

「機関士と機関助士は親分と子分の関係でね。退職してからも師匠と弟子でしたよ(笑)」

「士幌線は落ち葉に苦戦しましたね。カラマツの葉からアブラが出て車輪が空転するんです。砂をまきながら少しずつ登っていきました」

「乗務していたときには特別な感情はなかったけど、士幌線がなくなってしまうと、今になって昔のことを、あんなこともあったな、こんなこともあったなと思い出すことが多いですよ」


NHK帯広放送局1階の「なつぞらプレイバックギャラリー」

なつが使っていた机

締切厳守!

昭和の地下鉄路線図

父からの手紙も

日笠まり絵キャスターが“生中継風”にお届けしました。

なつぞらプレイバックギャラリーは12月28日(月)まで開催。

詳しくはこちら▼



『十勝の話題と音楽』
次回は11月26日(木)午後4時05分から放送予定です(R1/十勝地方)


「十勝の話題と音楽」特集ページへ
NHK帯広放送局ホームページ トップへ

関連情報

『十勝の話題と音楽』らじる★らじるで聞けます!

神門 光太朗

2020年5月29日(金)午後4時32分 更新

『十勝の話題と音楽』 投稿フォーム始めました

神門 光太朗

2020年7月3日(金)午後5時00分 更新

『十勝の話題と音楽』 4月23日スタート!

神門 光太朗

2020年4月1日(水)午後3時58分 更新

上に戻る